2022年 1月 29日 (土)

「本格フレンチ」これ冷凍なの? 東武ホテルレバント東京の味を自宅で

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東武ホテルレバント東京(東京都墨田区)は、「CHEF'S KITCHEN(シェフズキッチン)」という冷凍グルメを展開している。ホテルのレストランで提供しているフレンチの味を自宅でも楽しめるシリーズで、テイクアウトかオンラインで購入できる。

   そんな冷凍グルメと、実際にレストランで提供している味を食べ比べできる初の試食会が2021年11月26日に実施された。J-CASTトレンド記者も参加し、体験してきた。

  • このフォアグラのテリーヌ、実は冷凍されていました
    このフォアグラのテリーヌ、実は冷凍されていました
  • このフォアグラのテリーヌ、実は冷凍されていました

冷凍されたものとの違いは

   シェフズキッチンは、ホテル内の「スカイツリービューレストラン 簾」の料理を、独自の調理法で柔らかさを保ちながら真空冷凍したシリーズで、2021年4月から販売されている。

   試食会のテーブルには2枚のプレートが用意されていた。左の皿には解凍された「シェフズキッチン」(以下、冷凍版)が、右の皿に実際に提供しているのと同じように作られたメニューが置かれていく。いずれも分量は実物の4分の1だ。

「簾」料理長の柴谷邦彦シェフ
「簾」料理長の柴谷邦彦シェフ

   「簾」料理長の柴谷邦彦シェフの解説を聞きながら、各皿を味わう。まずは「フォアグラとウナギのスモーク テリーヌ仕立て」。カモのフォアグラを低温調理でテリーヌにし、スモークにかけられたウナギで合わせている。

左がシェフズキッチン、右が実際にホテルで提供しているもの
左がシェフズキッチン、右が実際にホテルで提供しているもの

   実際に提供されている品の方が、ほのかにピンク色が強いように見える。実食といこう。冷凍版を口にする。なめらかなテリーヌの食感と、うなぎの旨味。バルサミコ入りのソースの甘酸っぱさも相まって、口の中が楽しい。

   続いてレストラン提供版にトライしたが、冷凍版との食感の違いはわからなかった。ただ、味わいには微妙な差異が。冷凍版だと、うなぎの風味がフォアグラ部分にもしみ出しているような印象だった。

   次のメニューは「オマールエビとアワビのブイヤベース」。ブイヤベースにはホウボウ、アナゴ、カサゴを使っている。

   シェフズキッチン版からいただくと、「アワビってこんなに柔らかいっけ?」という言葉が口から漏れた。ふっくらかつホロホロとした感触に仕上がっている。実際に提供しているものを食べると、やはり食感・味の違いはわからなかった。ブイヤベースは魚介の味わいが複雑に詰まっており、オマールエビとアワビのうま味を引き立てる。

こちらがシェフズキッチン版
こちらがシェフズキッチン版
実際にレストランで提供しているもの オマールエビが輝く
実際にレストランで提供しているもの オマールエビが輝く
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!