2022年 1月 26日 (水)

知りたくなかった 梅沢富美男さんが悔やむ小椋佳「名曲秘話」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   週刊現代(11月27日号)の「人生70点主義」で、梅沢富美男さんが小椋佳さんの名曲をめぐる「秘話」を明かしている。梅沢さんの代表曲『夢芝居』(1982年)の作者でもある。ただ、その小椋さんが登場するまでに行数の半分近くが費やされる。

   「秋の夜長、我が家にはどこかはかなく、哀愁を帯びた音色が響いています」...25歳の次女が三味線を始め、夜ごと稽古に精を出しているそうだ。

「和楽器に興味を持ったのは、やはり血筋でしょうか。親の贔屓目かもしれませんが、なんとなく筋も良さそうです...そういや俺も、昔は楽器にハマった時期があったな」

   梅沢さんが17歳かそこらというから、1960年代後半だろうか。日本でフォークブームが始まる時代である。

「私もギターを抱えてコード練習に明け暮れておりました...中学を出てすぐに梅沢劇団の一員になっていたため、一通り弾けるようになると、さっそくバックバンドのギタリストとして、歌謡ショーに駆り出されました...振り返ると赤面モノです」

   そんな筆者は、70年代に入ったある日、ラジオから流れる男性ボーカルに胸を射抜かれたという。

「物悲しげにかき鳴らされるアルペジオ。そこに重なる憂いを帯びた歌声...♪少しは私に愛を下さい~ なんて、胸を締め付けられる歌だ」

   デビュー間もない小椋さんの、『少しは私に愛を下さい』だった。

  • 「物悲しげにかき鳴らされるアルペジオ」だったが
    「物悲しげにかき鳴らされるアルペジオ」だったが
  • 「物悲しげにかき鳴らされるアルペジオ」だったが

合併への私怨が...

「唐突に少女のもとを離れていってしまった男。捨てられた少女は、いまにも散りそうなバラの花に自らをたとえて、健気に愛を乞う...聴くたびに、夜な夜な枕を濡らす少女の面影がまぶたに浮かび、しみじみとした気持ちになるのです」

   歌の仕事で初めて対面した小椋さんは、しかし歌のイメージとは別人だった。

「いかにも銀行員らしい生真面目な印象の人で、女遊びをしているような印象も受けません。なのに、なぜあれほど『女の情念』のこもった曲を書けたのか」

   本人に問うと、意外な言葉が返ってきた。〈あの曲はねえ、俺の恨み節なんだよ〉

   話は1971年、日本勧業銀行と第一銀行の大合併=第一勧業銀行(現みずほ銀行)の誕生にさかのぼる。東大を出て勧銀に勤めていた小椋さんは当時、社費で米国留学中。上層部の秘密交渉を若手が知るはずもなく、寝耳に水だった。

   小椋さんは〈勧銀が好きで入ったのに、あんまりじゃない。だから、あの曲に会社への恨みつらみを込めてやったんだ〉と、あっけらかんと言い放ったそうだ。

「繊細な女心かと思いきや、まさか銀行員の私怨とは...頭の中の可憐な少女の面影が、ガラガラと崩れ去っていきます」

   梅沢さんは気を取り直して「じゃあ、バラはどういう意味なんですか」と聞いた。

〈当時の勧銀のトレードマークがバラ...深い意味はなかったの〉
「以来、あの曲を聴くと、ケラケラと笑う小椋さんの顔ばかりが浮かぶのです。ああ、知りたくなかったぜ...私が深く後悔したことは、言うまでもありません」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!