2022年 5月 24日 (火)

チャーハンを「パラパラ」にしたい 卵とご飯、順番変えると仕上がりも違いが

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

見た目も明らかに...

   調理の手間に、差はあまりなかった。強いて言えば、卵かけご飯式はパラパラになるまでに少し時間がかかったように感じる。

左から卵後入れ、卵かけご飯式、卵先入れ
左から卵後入れ、卵かけご飯式、卵先入れ

   混同を避けるため、器は最初に紹介した時の入れ方と同じものを使用している。並べてみると、見た目の違いは一目瞭然だ。

卵を先に入れることでしっかりと卵の風味と味を楽しめる
卵を先に入れることでしっかりと卵の風味と味を楽しめる

   最初に卵を入れる調理法では、卵が具材としてはっきりと感じられた。パラパラ具合は、この中だと3番目。少しだけしっとり感を残しつつ、全体的にはパラっとした仕上がりだ。

卵がこの中では一番目立たない、パラパラ具合はかなり強い
卵がこの中では一番目立たない、パラパラ具合はかなり強い

   卵かけご飯方式は、一番パラっとした仕上がりで完全に水分が飛んでいる。卵は完全にご飯よりも小さく、よく見ればあるといった程度だ。ご飯全体に卵の味がしっかり染み込んでいた。

卵とご飯の大きさが同じくらい、先入れよりも黄色味が全体的に感じられる
卵とご飯の大きさが同じくらい、先入れよりも黄色味が全体的に感じられる

   卵を後から入れる調理法は、先入れ式と卵かけご飯方式のちょうど中間だった。パラパラ感は楽しめながらも、ご飯に少し水分が残っている。また、卵の甘味もほんのりと感じられる。

   結果的にはどれもパラパラとしたチャーハンになった。ワンポイントアドバイスとコンロから離さなかったのが功を奏したのだろう。パラパラ感を一番大事にしたいなら卵かけご飯方式を、卵の風味を感じながらもパラパラ加減も捨てたくないという人は卵を先に入れる方法を、卵もご飯も同じくらいパラパラさせたいなら卵後入れを、記者は勧めたい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!