2022年 5月 16日 (月)

トヨタ「ランドクルーザー」800万円を1600万円で転売 納車2年待ちの超人気

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「今からご注文いただく場合の納期は2年以上となる見込みです」

   これは、トヨタ・ランドクルーザーに関する案内として公式サイトに記されているものだ。注文済みの客も「2年以上になる場合がある」と続く。

   「ランドクルーザー300」と呼ばれる車の場合、新車価格が510万円以上。それでも人気は高い。そして「転売」の手も伸びているようだ。

  • トヨタ公式サイトより
    トヨタ公式サイトより
  • トヨタ公式サイトより

走行距離13万キロでも新車価格越え

   ランドクルーザーは国内・海外を問わず長く愛されている車だ。官公庁オークションでは、平成12(2000)年式で、走行距離13万キロの「ランドクルーザー70」の中古車が、新車価格の350万円を超えて400万円超で落札されるほど。

   海外での人気ぶりは、自動車研究家の山本シンヤ氏が「東洋経済オンライン」2021年8月3日付けの記事で、こう紹介している。「トヨタで最も長い歴史を持つモデルであり、世界累計生産1040万台以上、年間30万台以上のモデルが世界170の国と地域で活躍する」。

   人気のあまり、転売が相次いだ。そのためか、購入者には転売しないよう誓約書にサインをさせるディーラーまであると聞く。J-CASTトレンドがトヨタ広報に、事実を確認した。担当者は「誓約書があるのは知っているが、内容には関与していない」と話した。誓約書を求めるかどうかは「ディーラーの判断に任せています」。

   誓約書にサインしながら転売した場合、どうなるのか。「販売店とお客様との約束や確認であって、罰則などはないと思います」との答えだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!