2022年 5月 25日 (水)

はつめ「ザ・YouTuber」にはなりたくない 動画で本当にやりたいコト

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」

   今月は、はつめさんに2021年を振り返ってもらっています。前回は、「今年はね~~、特にすごかったです」と、自身の環境の変化について語っていました。

   今回は、配信にまつわるお話。

  • 親しみやすい人でありたいな
    親しみやすい人でありたいな
  • 親しみやすい人でありたいな

真面目な話を真面目にするのが苦手

いしたにまさき:ちょっと動画の話はまたあとでするかもしれませんが、さっきも話に出たチームから脱退を発表する配信をまとめた動画がありますよね。

はつめ:はい。

いしたに:内容としては、かなり重要な内容でしょ。でも、ゲームしながら、その大事な話をしているっていうのが、実におもしろくて。

はつめ:あ、それはね。単純にひとりで話せなかったからです。真面目な話を真面目にするのが苦手なんですよね。だから私のことはどれだけバカにしてもいいから、一緒に話をしてくれって2人に頼んで撮ってもらいました。

いしたに:うん、でもだからといって、プレイ中に話すっていうのを、普通は選択しないと思うんですよね。

はつめ:クソ叩かれましたけどね、その動画。

いしたに:わはは。でも、はつめさんにとっては、ゲームプレイ中に話すというのが、いちばんリラックスして話せるということだったわけでしょ。

はつめ:本当のこと言うと、YouTubeクンが動画をゲーム動画として認識しなくなるとまずいので、「一応画面動かしてる」がいちばん近いかも。

いしたに:なるほど。

はつめ:でも、なんか録る直前に話した気がするな。「ゲームしながらで大丈夫っすかね、この話」みたいなのを。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!