2023年 2月 8日 (水)

ウェブブラウザ「Edge」是が非でも使って マイクロソフトあの手この手で

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

カギはスマホの普及

   ITサポートエンジニアの古賀竜一氏に取材した。佐賀県で「あんしんパソコン相談室」を運営している。Edgeが広く普及できていない理由を分析してもらった。

   Chromeブラウザは、米グーグルのスマートフォン(スマホ)向け「Android OS」に標準搭載されているブラウザとして組み込まれ、Androidスマホの普及に連動してシェアを広げた。運用には「Googleアカウント」をベースとすることで、ユーザーはスマホ版・PC版の双方でChromeの情報を容易に連携させて利用できる。この利便性も普及につながった。

   一方のEdgeは、スマホと連動して普及するという道を歩めなかった。さらに、初期のEdgeではセキュリティー上の脆弱性が多発したり、最新のウェブ環境への対応が遅れたりすることもあった。これもChromeへのユーザー流入につながったという。

   古賀氏は、Edgeの利用率が低いことへの「焦り」がマイクロソフトにあるのではないかと推測する。自社ブラウザを通してユーザーの利用実態を知ることは、広告ビジネスや自社製品開発にも非常に重要な要素だと考えられるという。

   ところでEdgeは2020年に、ライバルのはずのChromeでも用いられている「Chromium」というコードベース(プログラムの設計図にあたる「ソースコード」の集合体)を基盤として再開発・正式リリースされた。古賀氏はこれをマイクロソフトなりの「苦肉の策」だと評する。

   古賀氏によると、「Chromium」を利用して開発すれば、独自仕様のブラウザにこだわった場合と異なり、開発費のコスト低減や他社のソフトウエアとの互換性が得られるといったメリットを享受できる。

「このようにして身を切る改革でEdgeをリニューアルしたのなら、それなりの成果も出さないといけないということで、今の積極的なEdge推しが始まっているものと思います」

   今後もEdgeがChromeのシェアを超えることは「難しい」とみる。ただ、グーグルは検索エンジン市場などでのサービス運用において反トラスト法(独占禁止法)に違反したとして、米国などで提訴されている。古賀氏によると、Chromeに対しても、独禁法などとの関係でその存在を問題視する向きがある。Edgeとのブラウザ競争の行方は「今後の情勢次第」とした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!