2022年 1月 29日 (土)

「キャリアメール」他社に移っても引き継げる 格安プラン変更後も利用可

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   携帯電話の大手通信会社は、各社が提供するキャリアメールの「持ち運び」サービスを2021年12月中に提供開始する。他社の料金プランに乗り換えた後も、通信会社による「@docomo.ne.jp」といった文字列のメールアドレスを有料で使い続けられるようになる。

   「ahamo」「povo」「LINEMO」といった格安料金プランに移行する場合でも、「持ち運び」サービスを利用可能だ。まずNTTドコモが「ドコモメール持ち運び」を、12月16日に開始する。

  • 「ドコモメール持ち運び」は店頭でも受け付ける
    「ドコモメール持ち運び」は店頭でも受け付ける
  • 「ドコモメール持ち運び」は店頭でも受け付ける

いずれも年内に実施

   発表によると、ドコモ回線解約後も同社提供のメールアドレスを継続して利用でき、「クラウド」(ドコモ側のサーバー)で保管されているメールデータもそのまま残せる。

   利用料金は1アドレスあたり月額330円(税込、以下同)。ドコモショップ店頭や、オンラインで申し込みを受け付ける。ただ利用にはMNP(携帯電話番号ポータビリティ)または回線解約後31日以内であることなど、複数の条件がある。なおドコモブランドのプランから「ahamo」に変更する場合は、「ドコモメール持ち運び」はプラン変更前に申し込む必要があるという。

   KDDIでも12月20日から「auメール持ち運び」を提供すると、15日に発表している。auのプランの解約後、31日以内に申し込めば、povoや他社に移行後も「@au.com」「@ezweb.ne.jp」のメールアドレスを継続して利用できる。申し込みはオンラインから。ahamoと同様、料金は1アドレス当たり月額330円だ。

   ソフトバンク広報に取材した。ソフトバンクと「ワイモバイル」のプランでも、解約後もキャリアメールを継続利用できるサービスを12月中に開始する。他社のプランや、LINEMOに乗り換える場合でも利用できる。料金など、詳細は今後発表する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!