2022年 5月 24日 (火)

梅毒の感染者数が「最多」 理由分からず、東京は昨年の6割増

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   梅毒の感染者数が増えている。共同通信によると、国立感染症研究所は2021年12月14日、今年の感染者報告数が7134人になったと発表した。12月5日までの人数で、現在の集計が始まって以来、過去最多。全国的に増加しており、特に東京や大阪、その周辺地域からの報告が多かった。

  • 2011年から再び増加(写真はイメージ)
    2011年から再び増加(写真はイメージ)
  • 2011年から再び増加(写真はイメージ)

2010年以降増え続ける

   報告数は2010年以降、徐々に増え、これまでの最多は18年の7007人だった。19年、20年はやや減少したが今年は再び増えた。東京が2226人と最も多く、大阪761人、愛知379人。

   同様のニュースはすでに10日、日刊ゲンダイが報じている。驚くべきは東京の増加率。昨年の45週時点では1312人だったのが、今年は45週までに2085人と昨年の1.6倍にまで増加している。

   同紙によると、日本の梅毒患者数は戦後すぐの1948年には年間22万人が報告されたが、抗菌薬「ペニシリン」の出現で激減し、67年の1.2万人をピークに97年には約500人まで減った。ところが、2011年から再び増加しているそうだ。

   今年は、新型コロナウイルスで何度も緊急事態宣言が出され、行動規制が一段と強化された。外国人の来日も難しかった。人流が減り、インフルエンザなど他の感染症は減る傾向。にもかかわらず、なぜ梅毒が増えているのか、理由は分からないのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!