2022年 1月 26日 (水)

つば九郎「FA宣言」で歯科医師会も獲得名乗り 理由は「燕」の字にあり

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」のFA(フリーエージェント)宣言が話題だ。野球の独立リーグやサッカー・Jリーグのチームからもオファーが寄せられているほか、警察組織までも獲得の意向を表明している。

   そんな中、「長野県歯科医師会」(長野市)のツイッターアカウントもオファーを表明。「健口大使」として獲得するべく、独特の語り口でつば九郎にアプローチしている。

「健口大使」として獲得したい

   発端は2021年12月15日の「長野市歯科医師会」の公式ツイッターアカウントの投稿。県歯科医師会が「つば九郎」獲得に乗り出す、というウワサが存在すると投稿した。続いて、そのオファー内容について記された「内部文書」の画像を添付した。

   画像は県歯科医師会がつば九郎に宛てて書いたという体裁の文書で、長野県民の「健口大使」として獲得したいとの意向が記されている。

「ものを飲み込む動作のことを"嚥下"(えんげ)といいます。ツバメの子どもが口を大きく開けて親から餌をもらい飲み込む様子から"燕"という漢字ができました。つば九郎様は、生まれながらに健口大使になるべき方なのです」

と、つば九郎がツバメであることにかけたオファー内容が展開されている。契約の内容として、県内への「別荘(巣)」作り放題、「くちばしのお手入れし放題」、信州そば食べ放題などを提案した。

   翌16日、「長野県歯科医師会」のアカウントも同じ文書画像をツイート。21年12月中に作成されたばかりのアカウントだが、「長野市歯科医師会」にフォローされている。「既にご存知の方もいらっしゃいますが、正式に獲得に乗り出すことを表明いたします!」と投稿した。

   県歯科医師会公式サイトによると、「健口」は口の健康のこと。健口の重要性などを広めるべく、「長野県民健口大使」の任命を実施しているという。スピードスケートの小平奈緒選手もこの健口大使を務めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!