2022年 5月 24日 (火)

ライブハウス「下北沢GARAGE」年内閉店 感謝のオーナー、音楽仲間は惜別

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京・下北沢にあるライブハウス「下北沢GARAGE(ガレージ)」が、2021年12月31日で閉店する。

   下北沢ガレージの公式ツイッターから19日付で発信された「御報告」で、明らかになった。多くの人が惜別の思いを寄せている。突然の閉店理由についてJ-CASTトレンドは、オーナーのワタナベシンジさんに取材した。

  • 「下北沢GARAGE(ガレージ)」入口へ続く階段
    「下北沢GARAGE(ガレージ)」入口へ続く階段
  • 「下北沢GARAGE(ガレージ)」入口へ続く階段

「やむにやまれず閉店」

   下北沢には、小劇場やライブハウスなどが多く、ここから誕生したスターもたくさんいる。下北沢ガレージも例外ではない。ツイッター上では、ロックバンド・ヒトリエの「ゆーまお」さんが、

「この場所の色んな思いがありすぎて、とにかく寂しい。今の俺を作ってくれた場所、下北沢GARAGE」

とツイート。2003年に解散したシンバルズの沖井礼二さんは「残念だ。シンバルズの初ライヴはここだった。レパートリーはまだ4曲しか無いのに3曲目でベース弦が切れた。思い出深いステージだった」と振り返った。

   音楽ディレクター・プロデューサーの加茂啓太郎さんも「ベボベ(Base Ball Bear)の初ライブは今でも懐かしい思い出。お疲れ様でした」と投稿するなど、多くの音楽関係者が別れを惜しんでいる。

   下北沢ガレージは、1994年にオープン。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベントの中止や延期などが相次いだ。20年5月までに、「SAVE THE 下北沢ガレージ」と題して、コロナ被害支援を募るクラウドファンディングを実施していた。

   取材に応じたワタナベさん。電話ではいろいろ話してくれたが、多くは明かせないという。そのうえで、「コロナの影響で、やむにやまれず閉店いたします」と、くやしそうだった。一方でファンに向けては、「31日までは、ご来店ください」と呼びかけた。

   なおツイートでは、こうつづっている。

「突然の報告となり大変申し訳ありません。およそ28年間、本当にありがとうございました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!