2022年 1月 23日 (日)

サントリー天然水は「南アルプス」だけじゃない 「奥大山」の水が東京に

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ミネラルウォーター「サントリー天然水」には、4つの水源があることをご存じだろうか。例えば関東地方なら、基本的には「南アルプス」(山梨県)を水源とした製品が出回っている。

   ところが2021年12月ごろから、他の水源の「サントリー天然水」を首都圏のコンビニエンスストアなどで見かけたとの証言が、ツイッター上で出ている。東京都内の自動販売機で「サントリー天然水」を買ったら「奥大山の天然水」が出てきた、神奈川県のコンビニで「北アルプス」の製品を見かけた、といった具合だ。

  • 「奥大山」水源仕様の「サントリー天然水」
    「奥大山」水源仕様の「サントリー天然水」
  • 「南アルプス」水源の「サントリー天然水」 東日本などで売られている
    「南アルプス」水源の「サントリー天然水」 東日本などで売られている
  • 「奥大山」水源仕様の「サントリー天然水」
  • 「南アルプス」水源の「サントリー天然水」 東日本などで売られている

「北アルプス」「阿蘇」もある

   サントリー食品インターナショナル(サントリー)公式サイトによると、1991年発売の「サントリー 南アルプスの天然水」が最初だ。

   その後、2003年に「阿蘇」(熊本)を水源とした「サントリー 阿蘇の天然水」(九州で販売)を、08年には「奥大山」(鳥取県)水源の「サントリー 奥大山の天然水」(中国~近畿などで販売)を、それぞれ発売した。他エリアの天然水が登場してきた中で、南アルプス版は東日本以東の地域で取り扱われてきた。

   ただ、これらは2020年11月に「サントリー天然水」として商品名が統一された。災害発生時に、安定して供給を行うためだという。

   商品名の統一後も、水源ごとにラベルのデザインは異なる。J-CASTトレンドがサントリー広報に取材したところ、現在も「南アルプス」は東日本以東を、「阿蘇」は九州、「奥大山」は西日本エリアを、21年6月末出荷開始の「北アルプス」は長野県・新潟県や東海・北陸エリアをそれぞれ中心地として出荷・販売しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!