2022年 1月 22日 (土)

「FF14」販売一時停止 出回る中古品、買ったらプレーできるのか

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   オンラインゲーム「ファイナルファンタジー(FF)14」。「プレイステーション(PS)」シリーズやパソコン(PC)向けで、2013年にサービスを開始。累計登録アカウント数は21年12月2日までに2500万を突破している。

   ただゲームのログイン時に混雑が生じているため、現在は出荷・販売を一時停止中だ。一方、アマゾンなどのECサイトでは、過去に発売された同作の中古品や高額出品が出回っている。

  • 画像はファイナルファンタジー14公式サイトから
    画像はファイナルファンタジー14公式サイトから
  • 画像はファイナルファンタジー14公式サイトから

サーバー用機材不足も

   FF14には「新生エオルゼア」や「暁月のフィナーレ」など、複数のバージョンや拡張版が存在し、各拡張版にはゲーム内の新要素が追加される。

   FF14公式サイト12月16日の発表によると、最新拡張版「暁月のフィナーレ」で12月3日の「アーリーアクセス」(早期プレー)の開始後、ゲームへのログイン時に大きな混雑が継続して発生。長時間のログイン待ちが起きたという。また新型コロナウイルス禍の影響による半導体の生産数低下などを背景に、サーバー用機材の不足も出ているとのこと。

   FF14には「物理パッケージ版」と、オンラインで購入できる「ダウンロード版」、あるいはゲームをダウンロードして無料で始められるフリートライアル版(体験版)が存在する。最新の拡張版「暁月のフィナーレ」では、ダウンロード版のみが販売されてきた。

   ユーザーのプレーが集中し、サーバーの許容量を超えたことから、フリートライアル版の登録受付や、パッケージ版・ダウンロード版の出荷・販売の一時停止を16日に発表した。

   J-CASTトレンドが12月23日にインターネット上を調べると、過去に出荷された「FF14」ソフトのパッケージ版が中古で売られていたり、高額で転売されたりしている。PS4用の「コンプリートパック(新生エオルゼア~漆黒のヴィランズ)」というパッケージソフトは、アマゾンでは中古だと1万2800円で1点出品されている。

   アマゾンの同ソフトは状態が「新品」とされているものだと、1万9800円(税込・以下同)、2万9800円という高値で1点ずつ売られている。元々の定価は6380円だ。パッケージ版には「プロダクトコード」や「レジストレーションコード」という文字列が、マニュアル書などに印刷・同梱されている。ゲームを開始するには、このコードが必要だ。中古や転売品を買っても、プレーができるのか分からない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!