2022年 1月 22日 (土)

ビートたけしに志村けん、芸人の人生ドラマ 次はさんま?タモリ?錦鯉?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   スペシャルドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」(フジテレビ系)が2021年12月27日、放送された。俳優の山田裕貴さんが故・志村さん役で主演し、「ザ・ドリフターズ」の付き人となってから正式メンバーとして人気を博するまでを描いた。

   9日には、ビートたけしさんの下積み時代をテーマにした映画「浅草キッド」がNetflixで配信を開始。柳楽優弥さん演じるたけしと師匠の、人情味あふれるストーリーは話題を呼んでいる。有名コメディアンの人生を描いた作品、次は誰が主人公のドラマや映画が見たいだろうか。

※記事の最後で、読者の皆さまからの投票を募っています。

  • 映画「浅草キッド」で過去が描かれたビートたけしさん(2015年撮影)
    映画「浅草キッド」で過去が描かれたビートたけしさん(2015年撮影)
  • 映画「浅草キッド」で過去が描かれたビートたけしさん(2015年撮影)

居候時代のタモリさん

   候補としてインターネット掲示板に挙がったひとりが、明石家さんまさん。1974年に故・笑福亭松之助さんに弟子入りし、落語家として修業していた。2019年3月5付の女性自身(電子版)が、当時のエピソードをこう紹介している。

   さんまさんは入門後すぐ松之助さんに「やめます」と告げ、交際していた女性と大阪から東京まで「駆け落ち」した。東京での生活はうまくいかず大阪に戻るが、松之助さんはとがめず、さんまさんの面倒を見続けたという。こうした逸話を映画・ドラマ化してほしいという人がいる。

   タモリ(森田一義)さんは、漫画家の故・赤塚不二夫さんとの居候エピソードが有名だ。「赤塚不二夫伝 天才バカボンと三人の母」(著・山口隆氏、内外出版社)の2019年9月13日付の公式書籍紹介によると、タモリさんは1975年に福岡から上京し、東京・新宿のバー「ジャックの豆の木」でデタラメな外国語といった即興芸を披露していた。

   その芸にほれ込んだ赤塚さんはタモリさんに「泊まるとこあるの」と尋ね、目白のマンションに住まわせた。ほぼ1年にわたってタモリさんの衣食住の面倒を見たという。タモリさんがテレビでブレイクするまでの不思議な半生も、ドラマ映えしそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!