2022年 1月 26日 (水)

メタバース堪能するならヘッドセットにマイクも 装着した顔スゴいけど

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   パナソニックの子会社「Shiftall」(東京都中央区)は、 メタバース(仮想空間)向け機器3製品を2022年に発売する。パナソニックと協業開発し、メタバース事業に本格参入する。

   VR(仮想現実)コンテンツ配信サービス「SteamVR」に対応しており、ゲームの世界などの中に実際にいるかのような体験を楽しめる。ディスプレーを内蔵したヘッドセットだけでなく、メタバース対応マイクも用意。それぞれを装着した際の見た目は、インパクトが大きい。

  • パナソニック・ Shiftallが協業開発の「MeganeX」と「mutalk」
    パナソニック・ Shiftallが協業開発の「MeganeX」と「mutalk」
  • ヘッドセットとマイクを着用し、メタバースに没入
    ヘッドセットとマイクを着用し、メタバースに没入
  • パナソニック・ Shiftallが協業開発の「MeganeX」と「mutalk」
  • ヘッドセットとマイクを着用し、メタバースに没入

今春以降発売予定

   22年1月4日の発表によると、Shiftallはヘッドセット「MeganeX」(10万円未満、価格は以下全て税込)と冷温デバイス「Pebble Feel」(2万円前後)を同年春に、音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」(2万円前後)を夏に発売する。

   「MeganeX」は「超高解像度・超軽量」。メガネのような見た目でスピーカーも内蔵し、重さは約250グラム。フレーム部分は折りたためる。「mutalk」は自分の声を周りに聞こえにくくする機能の付いたマイクで、ブルートゥースにより無線で駆動する。専用のバンド(帯)で顔に固定でき、両手がふさがっていても、ゲーム中などに音声通話で相手と会話が可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!