2022年 1月 28日 (金)

在日米軍からオミクロン株は漏れてきた? 感染症に軍が関係、過去にも

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   オミクロン株の国内急拡大に、在日米軍の関与が指摘されている。米軍基地内でクラスターが発生、米軍関係者や基地で働く従業員などを通して周辺の日本人に広がったと見られている。

   歴史をさかのぼると、感染症の拡大には軍隊がしばしば関係している。軍隊そのものが大きなダメージを受けたこともある。

  • オミクロン株の感染が急拡大
    オミクロン株の感染が急拡大
  • オミクロン株の感染が急拡大

米軍兵舎で発生したスペイン風邪

   約100年前の「スペイン風邪」では世界で数千万人が死んだ。『猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか』(ミネルヴァ書房)によると、このスペイン風邪は、もともと北米の米軍兵舎で発生。感染した兵士が第一次世界大戦で欧州戦線に派遣されたことで罹(り)患地域が拡大した。

   参戦国は自国民に大量の被害が出ていることを報道管制で隠していた。スペインは非参戦国だったので、情報を公開。スペインで流行していることだけは明らかにされた。その結果、「スペイン風邪」と呼ばれるようになったという。

   感染症の大流行には、時代によって特徴がある。大航海時代は梅毒。コロンブス一行が西インド諸島から持ち帰ったという説が有力だ。日本大百科全書(ニッポニカ)によると、まずスペインで流行し、スペイン人が頻繁に出入りしていたナポリに仏軍が進駐した後、欧州各国に拡散した。仏軍に含まれていたスペイン人傭兵の一部が梅毒に感染していたという説もある。いずれにしろ、「軍」が関係していた。その後、短期間のうちにインドからアジアに到達したとされる。

   NHKの番組「DJ日本史」によると、日本では16世紀の終わり、豊臣秀吉による朝鮮侵略がきっかけとなって梅毒が国内に持ち込まれた。これも「軍」が関係している。加藤清正、浅野幸長、前田利長などは梅毒で亡くなったといわれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!