2022年 6月 29日 (水)

2022年の映画大予想 社会派ホラー、多様性と包括性、女性監督に注目

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   コロナ禍の時代、映画業界にも多大な変化がもたらされた。多くの映画が公開スケジュールの変更を余儀なくされた。一方で、世界中で多様性の大切さが訴えられた時期とも重なる。映画では、黒人や女性を主役にした作品が続々と登場した。

   2022年の映画トレンドはどうなるか。流行の最先端を走る米ハリウッド作品から、洋画を中心に見ている「映画宣伝ウォッチャー」のビニールタッキーさんに、予想してもらった。ブログ「第9惑星ビニル」などの運営のほか、映像配信サービス「Hulu」の公式noteで21年8月から連載を行っている人物だ。(聞き手はJ-CASTトレンド編集部・許田葉月)

  • ビニールタッキー様提供・ご本人写真
    ビニールタッキー様提供・ご本人写真
  • ビニールタッキー様提供・ご本人写真

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に期待

――コロナの影響は、映画業界にとっても大きかったように思います。

ビニールタッキー 振り返りますと2020年初頭には、コロナ禍での公開延期が相次ぎました。例えば、人気シリーズ最新作「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」は、21年公開にずれ込みました。
   当然ですが、公開する映画は製作費等の回収が必要です。しかしレイトショーがない、感染予防でコロナ流行以前よりも席がない、そもそも映画館が営業していないと回収が難しかったため、時期を遅らせるしかありませんでした。
   劇場公開予定だった映画を「Disney+」や「HBO Max」といった自社プラットフォームでの配信限定に、または劇場との同時公開や1日ずらして先行公開することもありました。しかし、映画館業界からの評判は悪く、ワーナー・ブラザーズは22年公開映画の劇場・配信同時公開を取りやめると21年8月に発表。ウォルト・ディズニーも、21年9月に今度公開になる作品はハイブリッド公開を取りやめると発表しています(編注:後述の「私ときどきレッサーパンダ」は米国での劇場公開を見送り、ディズニープラスでの配信になる)。21年になると、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の公開が始まり、人気でお祭り状態になりました。

――MCUの人気は根強いですね。2022年話題になりそうな映画を教えてください。

ビニールタッキー 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」(日本公開1月7日)は話題になること間違いないでしょう。日本では、マーベルヒーローの中でも特にスパイダーマンが人気だと言われています。MCUの最新作ということで、見に行きたい人はたくさんいるでしょう。
   「THE BATMAN ザ・バットマン」(3月11日)や「トップガン マーヴェリック」(5月27日)は、2020年のことも踏まえて少し不安です。米国の新型コロナ感染状況が芳しくなく、22年日本公開予定作も少し雲行きが怪しいです。本国で公開されないと、日本でも当然公開はないですから...。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!