2022年 7月 1日 (金)

LINEに勝てない「+メッセージ」 ドコモ・KDDI・ソフトバンク連合の反撃

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが運営する「+メッセージ(プラスメッセージ)」。3社が携帯電話回線で提供している電話番号をもとに、メッセージや写真を送り合えるアプリだ。

   インターネット掲示板では最近、なぜこのアプリが「天下」を取れなかったか議論があった。メッセージアプリ「LINE」の方が便利という人や、周りがLINEを使っているため自分も、という声がある。

  • 「iPhone」のアプリ配信サービスの「+メッセージ」ページ
    「iPhone」のアプリ配信サービスの「+メッセージ」ページ
  • 「iPhone」のアプリ配信サービスの「+メッセージ」ページ

先行しているLINEとの差

   「+メッセージ」は、2018年5月にリリースされた。ドコモのこれまでの発表によると、利用者数は21年7月時点で2500万人を突破した。一方のLINEは、法人向け公式サイトにある「2021年7-12月期」の媒体資料によると、21年6月末時点での月間アクティブユーザー(活発に利用しているユーザー)は8900万人だ。

   複数のメディアやネット上ではこれまで「+メッセージ」が、3社の回線を利用して提供されているMVNO(仮想移動体通信事業者)や、au(KDDI)の「UQ mobile」といった一部サブブランドで使えない点を指摘している。これがLINEに大きく水をあけられている理由のひとつと考えられそうだ。

   19年4月24日付の「エンガジェット」日本版でも、フリージャーナリストの石野純也氏が「+メッセージ」普及の課題として、「SMSのように誰もが使えるようなものになるためには、大手3キャリアだけでなく、MVNOも取り込む必要があります」と主張。同アプリの機能拡充の動向はLINEに比べて「遅い」と感じるとした。

   一方、主要アプリのLINEは回線を問わず利用可能だ。「+メッセージ」リリース直前、18年4月25日のLINE決算説明会時点では、月間アクティブユーザーは7500万人としており、先行して普及しているという強みも持つ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!