2022年 5月 21日 (土)

ゆうちょ銀行「硬貨取扱」で手数料 「窓口は50枚まで無料」何度も使える?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ゆうちょ銀行は、2022年1月17日に「硬貨取扱料金」・「ATM 硬貨預払料金」を新設した。ATM(現金自動預け払い機)で預け入れや払い戻しに硬貨を用いると、1~25 枚なら 110 円(税込・以下同)、26枚~50枚で220円、51枚~100枚で330円と、枚数に応じた手数料がかかる。

   窓口で硬貨の預け入れや振り込みを行う場合も、枚数に応じて有料となる。51~100枚は550円、101~500枚では825円、501~1000枚では1100円が必要だ。ただし、50枚までは無料。小銭を多く扱う人にとっては痛いが、手数料を回避するため、50枚ずつに分けて何度も入金する客が現れないか。

  • ゆうちょ銀行 窓口の硬貨預け入れは51枚以上で有料に
    ゆうちょ銀行 窓口の硬貨預け入れは51枚以上で有料に
  • ゆうちょ銀行 窓口の硬貨預け入れは51枚以上で有料に

「長時間待ち」発生防ぐ措置

   ゆうちょ銀行公式サイトの資料「よくあるご質問」で、手数料導入の背景を説明している。

   硬貨の利用客は、年々増加傾向にあるという。その対応や、硬貨以外の混入といった理由で機械の故障が発生することで、ほかの利用客を長時間待たせてしまうため「硬貨の取り扱いを希望されるお客さまに一定のご負担をいただく」ようになったとしている。

   ただ、窓口で50枚まで預け入れる分には手数料ゼロだ。料金発生回避のため、数百枚の硬貨を50枚ずつに分けて、何度も窓口に預け入れてもいいのか。もし認められれば、結果的に混雑が発生しないか。こういった懸念がツイッター上で複数みられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!