2022年 5月 21日 (土)

「おくりびと」再び 小山薫堂さんは中国での成功に苦労話を想う

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   DIME 2-3月合併号の「scenes」で小山薫堂さんが、脚本を手がけた2008年の映画「おくりびと」(瀧田洋二郎監督、本木雅弘主演)について書いている。ご存じ、第81回アカデミー賞(2009年)の外国語映画賞にも輝いたヒット作である。

   「その知らせはプロデューサーから突然届いた。『中国で〈おくりびと〉が上映されることになりました』 13年も前に公開された作品である」...それが新作として、上映規模も日本の10倍以上の約5000館という。小山さんが喜んだのは言うまでもない。

「脚本を書いていたのは15年前だから当時の自分は42歳...プレゼントのタイムカプセルを開けたような気分になった」

   中国で昨年10月末に公開されたのは4K修復版で、評判は上々という。

「聞くところによると、作品で描かれている死生観に中国の人たちが共感し、何週間も連続してベスト10に入るほどヒットしているらしい。その一番のポイントはSNSだとか。よくよく考えれば、日本で公開された時には、まだ日本語版のTwitterすらなかった」

   なにしろ納棺師という特殊な職業を題材にした作品だ。公開当時、関わった人たちはどう宣伝するかで悩んだ。仕上がりにはみんな自信があったので、口コミで広めるべく「10万人試写会」が企画される。小山さんは「10万人もの人にタダで魅せたら有料の客がいなくなるのでは...」と心配したが、それは取り越し苦労に終わった。

  • 「おくりびと」は、作品で描かれている死生観に中国の人たちが共感
    「おくりびと」は、作品で描かれている死生観に中国の人たちが共感
  • 「おくりびと」は、作品で描かれている死生観に中国の人たちが共感

挫折のミルフィーユ

   「おくりびと」が自分にとってどんな作品かと問われれば、小山さんは間違いなく「失敗と挫折のミルフィーユ」と答えるそうだ。ミルフィーユとは、パイ生地と生クリームなどを交互に薄く重ねたスイーツで、仏語の語源は「千枚の葉」。小山さんの場合、そんな甘いものではなく、無数の失敗と挫折の末にたどり着いた完成形という意味である。

「この作品に散りばめたシーンやメッセージは、人生の様々な失敗や挫折から生まれたものだ。後悔してもしきれない失敗を経験したことが閃きの種となり、記憶から消し去りたいような挫折のおかげでこの物語に着地させることができた」

   アカデミー賞の表彰式でオスカー像を抱きながら、子ども時代に父親から言われた言葉を胸中で反芻したという小山さん。中国での成功の報に、同じ言葉を思い出しているに違いない。その言葉とは...

〈人は、知らず知らずのうちに最良の人生を選択しながら生きている〉
冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!