2022年 5月 23日 (月)

飲食店向けモバイルオーダー「eateat」 QRコードから注文で業務効率化

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat(イートイート)」が、2022年1月19日にスタートした。決済サービス事業などを展開するインタセクト・コミュニケーションズ(東京都中央区)が運営している。

   非接触での接客や、ホールスタッフ業務の効率化、そして来店客の満足度アップを実現。「スマートロッカー」と連携すれば、完全非接触の受け渡しも可能になる。

  • 「eateat」でのテークアウトの流れ
    「eateat」でのテークアウトの流れ
  • イートインのイメージ図
    イートインのイメージ図
  • 「eateat」でのテークアウトの流れ
  • イートインのイメージ図

端末に合わせて言語切り替え

   飲食店側は前もってメニューを「eateat」に登録。イートイン(店内飲食)からテークアウト(持ち帰り)まで、同一システムで対応できる。

   来店客はスマートフォン(スマホ)でQRコードを読み取り、メッセージアプリ「LINE」や中国のメッセージアプリ「WeChat」、そしてウェブブラウザーで注文できる。専用アプリなどをダウンロードする必要はない。日本語・中国語・英語に対応し、端末に設定されている言語に合わせてメニューを表示してくれる。

   客の注文情報は、専用のプリンターから印刷される。飲食店からすると接客頻度を下げられ、新型コロナウイルス対策に役立つ。また紙やプラスチックのメニュー表は消毒作業が手間となり得るが、「eateat」を使えばQRコード経由でメニューがわかるため、削減可能だ。

   テークアウトにも対応しており、こちらでは来店前に事前決済できる。今後は人同士の接触なしに食品を受け渡せる「スマートロッカー」との連動も予定している。営業終了後の受け取りも可能にし、客側は好きなタイミングで、並ばずに商品を持ち帰れるようになる。

   月額3980円(税別・以下同)で利用可能で、発表資料によると「業界最安値」とのこと。初期費用は2万5800円。申し込みは「eateat」公式サイトから受け付ける。また先着5社限定で、月額料金が3か月間ゼロになるキャンペーンを実施中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!