2022年 7月 3日 (日)

「povo」メンテナンス1か月でも終わらない 「手続きできない」嘆きも

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   KDDI(au)のスマートフォン向け低料金プラン「povo2.0」のメンテナンスが、1か月以上終わらない。そう訴える意見が、ツイッター上で見られた。

   「povo」のウェブサイトでは2021年12月26日、変更手続きのシステムメンテナンスを開始。年をまたいで22年2月1日現在、続いたままだ。一部の利用者は、手続きができない状態になっている。

  • 本人確認書類で困るかも……(写真はイメージ)
    本人確認書類で困るかも……(写真はイメージ)
  • 本人確認書類で困るかも……(写真はイメージ)

本人確認書類は3つに限定

   「povo」のサイトでは本来、auの利用者や従来プラン「povo1.0」(新規受付終了)が「povo2.0」へ変更手続きができる。その際は、クレジットカード情報と利用端末があれば可能だ。ところが、これが長期メンテナンス中で使えなくなっている。

   もっともau、「povo1.0」からの変更は、今でも同サイト上で可能だ。「他社/UQ mobileから変更」を選べばよく、サイトページにもそう促す記述がある。ただし「ひと手間」かかる。本来であれば必要のない本人確認書類とMNP(携帯電話番号ポータビリティー)予約番号が必要になるのだ。

   ツイッター上では、こうした不便さに不満の声が上がっている。サイトを見ると、本人確認書類は、運転免許証かマイナンバーカード、日本に中長期在留する際に必要な「在留カード」の3つに限定されている。持っていないとみられる人からは「手続きができない」とする声があがった。ほかにも「NMP番号取得が面倒」「時間がかかった」という意見も。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!