2022年 5月 21日 (土)

節分の「豆まき」中止続く 「鬼は外」でコロナ追い出したいのに

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2月3日は節分の日。「鬼は外」の元気な掛け声と共に豆をまく――しかしながら各地の寺社などでは、2022年も、昨年に続いて豆まきを中止したところが多いようだ。

   「鬼は外」のルーツは、疫病退治だったという説もあるだけに、残念がる人は少なくない。

  • 「鬼は外」の鬼とは、外国から来た疫病神のこと
    「鬼は外」の鬼とは、外国から来た疫病神のこと
  • 「鬼は外」の鬼とは、外国から来た疫病神のこと

2年連続で

   福岡県の宗像大社(宗像市田町)では2月3日、恒例の節分祭が行われるが、祭典後の豆まきは中止。参拝客へ「福豆」を無料配布する。豆まきの中止は2年連続となる。

   長野市の善光寺も恒例の「節分会(え)」の豆まきを2年連続で見送った。

   善光寺のウェブサイトによると、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みたもので、「当山式衆による疫病退散を祈念する、追儺式のみを執行させていただきます」。

   NHKによると、山梨県の見延山久遠寺も豆まき中止。すでに用意していた福豆を地元の小中学校などに配り、子どもたちの健康を願った。

   全体の傾向として見送るところが多いが、有名人が豆をまくことで人気の成田山新勝寺は、「立春前日の2月3日、新型コロナウイルス感染防止対策を万全にし、成田山節分会を厳修いたします。本年は初場所で優勝を飾った新大関の御嶽海関をはじめ、大相撲力士が参加されて大本堂前で豆まきを行います(予定)」と告知している。

   ただ御嶽海については1月31日、新型コロナウイルス感染が確認されたと日本相撲協会が発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!