2022年 5月 17日 (火)

焼肉ライク「代替肉カルビ」食べてみた 大豆が原料、牛カルビとの違いは

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   昨今、SDGsやビーガンの影響を受けて注目が高まりつつある代替食品。スーパーや飲食店などでの取り扱いも増えてきた。その中でも、とりわけ注目を浴びているのは「肉」だろう。

   ダイニングイノベーションが展開する焼肉チェーン「焼肉ライク」では、代替肉を「NEXT大判カルビ2.0」として提供している。実際に食べてみると意外にも――。

  • 左は「匠カルビ」、右が「NEXT大判カルビ2.0」
    左は「匠カルビ」、右が「NEXT大判カルビ2.0」
  • 左は「匠カルビ」、右が「NEXT大判カルビ2.0」

タレも「肉」も全部、植物由来

   代替肉とは主に大豆などの植物性の原料を使い、食感と風味を肉に近づけたものだ。焼肉ライク提供の代替肉も大豆を使用している。

   焼肉ライクでは、2020年10月に一部店舗で代替肉「NEXTカルビ」を提供開始、好評を受けて同年12月に全店での展開を始めた。代替肉を開発したネクストミーツが21年10月にバージョンアップさせた「NEXTカルビ2.0」を販売したことで、ライクも22年1月18日から同商品に移行、オリジナルで開発した植物性のタレをかけて提供している。

   取り扱いを決めた理由について、焼肉ライク広報は「食の多様性が広がっていく中で、10年後20年後の焼肉屋で代替肉のカテゴリが当たり前になってくる事を想定しました」と明かし、また「『代替肉』に興味があっても実際には食べた事がない方も多い中、焼肉ライクなら単品から気軽に試していただけるということもあり、販売を決めました」と答えた。

   J-CASTトレンド記者も興味はあったが、挑戦したことはない。実際に焼肉ライク店舗に行って、牛カルビと食べ比べてみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!