2022年 7月 7日 (木)

鳥取「ブドーパン」の「伯雲軒」が廃業 店主が語る寂しさとパンへの愛

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

   鳥取県のローカル菓子パン「ブドーパン」が姿を消す。製造・販売元の「伯雲軒」(鳥取県境港市)が、2022年3月25日で廃業するためだ。

   J-CASTトレンドは、店主に話を聞いた。

  • 伯雲軒公式ホームページから
    伯雲軒公式ホームページから
  • 伯雲軒公式ホームページから

京極夏彦氏「全部ください」

   鳥取県境港市は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげる氏の出身地。伯雲軒は、水木しげる記念館の近くに店を構えている。歴史は古く、1897(明治30)年に菓子製造業として開業した。太平洋戦争後、配給パンを製造したことを機に製パン業に転換している。

   伯雲軒のウェブサイトでは「水木しげる先生の故郷でもあり、好物のブドーパンを60年以上作っているのが当社なのです」と紹介している。ミステリー小説家・京極夏彦氏は、大沢在昌氏、宮部みゆき氏共同公式サイト「大極宮公式HP」2015年2月24日付のブログで、同店を訪れたことを紹介。「工場にあるパンを全部ください、という大人買い」と記している。

   J-CASTトレンドの取材に答えてくれたのは、2022年で66歳を迎える伯雲軒の店主。今回廃業を決めたのは「後継者がいないことと、このタイミングが良いと思い決めました」と明かした。

   店主は、製造工程全てに関わっている。朝は早いときは4時から、夜も19時、20時まで仕事が続くときがある。年齢や体力的な問題から「健康なうちに」廃業を考えていたそうだ。加えて、新型コロナウイルスの流行。いつまでも収束しない中、自分もいつか感染するかもしれない、「ここかなと考えました」と話した。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!