2022年 5月 22日 (日)

オミクロン株「楽観論」何だったんだ 死者増え続けピークアウトまだ先

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   オミクロン株のピークアウトがまだ見えない。特に注目すべきは死者の増加だ。一日当たりの死者は、すでにデルタ株の最大時を上回っている。重症者も増え続けている。

   オミクロンは無症状や軽症がほとんど、重症者や死者は少ない、とされていたが、そうした当初の楽観的な予想が大きく崩れる深刻な事態となっている。どうして死者が増え続け、ピークアウトにならないのだろうか。

  • オミクロン株の猛威が止まず、不安
    オミクロン株の猛威が止まず、不安
  • オミクロン株の猛威が止まず、不安

一日の死者はデルタ株を超えた

   NHKのまとめによると、全国の新型コロナウイルスによる死者は、2022年2月に入って急増している。

   1日が70人、2日が82人、3日が90人になり、デルタ株まん延時の最高だった9月8日の89人を上回った。さらに4日は103人、5日が117人と100人台が続き、6日の日曜は68人に減ったものの、7日は113人と再び100人台になっている。

   都道府県別では、大阪府が目立っている。5日は23人、7日は16人。東京都は5日が10人、7日が8人。感染拡大が早かった沖縄県では、死者ゼロが続いていたが、2月になって増え、7日までの累計で12人なっている。

   全国の重症者は1100人を突破、デルタ株のピーク時の半数程度になっている。厚生労働省によると、新型コロナウイルスではこれまで、重症者の約6割が亡くなっている。

   重症者数や死者は、感染のピークが過ぎて少したってから増えるとされているので、これからさらに増加することが想定されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!