2022年 5月 17日 (火)

若者よ聞け 土屋賢二さんの冗談アドバイス「長生きを軽蔑せよ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   週刊文春(2月3日号)の「ツチヤの口車」で、土屋賢二さんが「若者へのアドバイス」と称してジョークを乱打している。おなじみの冗談コラム。乗せられるのは癪なのだが、おもしろいから仕方がない。より正直に言えば、困った時の「口車」である。

   筆者は冒頭、若者に助言するなら我こそ適任といった正当化を試みる。

   「長く生きていると、どんな人間にも多少の知恵はつく...しかもわたしは、経験は積んでも失敗ばかり、幾多の失敗から何も学ばない。そこまで厳しく自分を貫いてきた」...これはほんのマクラで、ここからが冗談の本題。若者からの相談を想定した「回答」が続く。

   〈人の目が気になります〉

「どんなに悪く思われても心配無用。慣れる。慣れの力は強力だ。どんなまずい物でも毎日食べていれば、『まずい』と思うのは十回に七回までになる...さらに時間がたてば、他人からの低評価に対して『どいつもこいつも見る目がない』と考え、ゴッホなど不遇の生涯を送った天才に共感するようになる」

   なるほど...なんて感心してはいけない、いつもの土屋節。そして「さらに歳をとれば、自分に関心を払っている人はいないことを確信する」と無責任に突き放す。

  • アドバイス風説教にウンザリ
    アドバイス風説教にウンザリ
  • アドバイス風説教にウンザリ

長生きの秘訣

   〈熟睡できません〉

「野生の動物を見よ。キリンはニ十分しか眠らない。立ったままでだ。それでもあれだけ大きく育っているのだ」
〈長生きの秘訣を教えてください〉
「若者なら長生きなど軽蔑しろ。子どもや老人のために命を投げ打つのが若者だ。不幸にも命を投げ打つ機会に恵まれなかったわたしに代わって、弱者のために命を投げ打ってほしい...寿命は人間の力の及ぶものではない」
「長生きすれば言いたい放題だから、『運動をせず、毎日タバコをニ十本吸い、酒を二合、脂身の多い牛肉を食べる、これが長生きの秘訣だ』と答えても、だれも文句は言えない。これとは逆に『長生きの秘訣は、タバコにも酒にも女にも手を出さなかったことだ。十歳まで』とふざけてもよい」

   土屋さん、長生きの秘訣を聞かれたら言おうと決めている答えがあるそうだ。

「それは『秘訣は、死なないことだ』という答えだ。これは昔、DeNAのラミレス監督が6‐0で巨人に負けたとき、記者に『何が足りなかったんですか?』と聞かれ、『7点』と答えたのにならった答えだ」

   ここまで読んで、しょーもないことを書き連ねる年寄りだと思ったらあなたの負けだ。筆者はそこまで先回りして、こう結んでいる。

「最後に一言。老人のアドバイスには耳を貸さないことだ。アドバイスしたがる老人になるのが関の山だ」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!