2022年 5月 23日 (月)

北京五輪メダル増産の秘策は帰化選手 称賛と中傷、ことさら中国愛を叫ぶ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   北京冬季オリンピックは早くも後半に入った。

   開催国の中国は夏季競技に比べると冬季競技の影が薄く、2018年の平昌大会では金メダル1つにとどまっている。メンツがかかる今大会では、全15競技に176人の選手を送り込んだ。メダル獲得、あるいは競技参加のために切り札となっているのが帰化選手だ。

  • 北京冬季五輪スキービッグエア女子で金メダルに輝いた谷愛凌選手(写真:AP/アフロ)
    北京冬季五輪スキービッグエア女子で金メダルに輝いた谷愛凌選手(写真:AP/アフロ)
  • 北京冬季五輪スキービッグエア女子で金メダルに輝いた谷愛凌選手(写真:AP/アフロ)

谷愛凌人気でサーバーダウン

   五輪出場のために国籍を変える選手はそれほど珍しくない。日本で最も有名なのは、2011年に国籍をカンボジアに変更し16年にリオ大会出場を果たしたタレントの猫ひろしさんだ。

   卓球王国の中国では、層の厚い母国で勝ち残れない選手が、国籍を変えて五輪を目指す。リオ大会ではドイツの代表女子3人中2人、シンガポールに至っては3人中3人が「元」中国人だった。レベルが急激に上昇している日本でも、16年世界選手権団体戦日本代表の浜本由惟選手が、五輪出場のためにオーストリア国籍取得を希望していることが19年に報じられた。

   北京大会に参加している中国選手の中にも、帰化選手が少なくない。ウィンタースポーツの歴史が浅いながら、開催国の「威信」を示す必要がある中国にとって、帰化選手は手っ取り早い強化策になっている。

   その代表が、フリースタイルスキーの谷愛凌(英語名:Eileen Gu)選手だ。米国人の父と中国人の母を持つ谷選手は、米カリフォルニア州で生まれ育ち、2019年に15歳でワールドカップ(W杯)初優勝。同年、中国代表への転身を表明し中国籍を取得した。

   モデルとしても活躍する容姿、複数の金メダルが期待できる強さ、さらには五輪後にスタンフォード大への進学が内定する才媛ぶり。非の打ち所がない経歴で谷選手は大会前から絶大な人気を誇り、8日の女子ビッグエアでは期待通り金メダルを獲得。直後にSNSのウェイボに祝福コメントが殺到し、サーバーが一時ダウンするほどだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!