2022年 5月 18日 (水)

3DS・Wii U「ニンテンドーeショップ」サービス終了へ 影響出るソフトも

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ゲーム配信サービス「ニンテンドーeショップ」で、ゲーム機「ニンテンドー3DS」シリーズと「Wii U」向けのサービスが段階的に終了する。任天堂が2022年2月16日、発表した。

   3DSは2011年2月、Wii Uは12年11月にそれぞれ発売。いずれも10年ほどの歴史を持つハードだ。サービス終了発表により、ツイッター上では「とうとうこの時が」と惜別の声が相次いでいる。

  • ニンテンドー3DSシリーズ(画像は任天堂公式サイトから)
    ニンテンドー3DSシリーズ(画像は任天堂公式サイトから)
  • ニンテンドー3DSシリーズ(画像は任天堂公式サイトから)

「追加シナリオ」ダウンロードに注意

   「ニンテンドーeショップ」では、「残高」を使い、オンラインで購入したソフトやゲームの追加コンテンツをダウンロードできる。「残高」は、家電量販店やコンビニエンスストアで販売されている「ニンテンドープリペイドカード」などを使って追加できる。

   この追加作業について、3DSシリーズとWii Uからは8月30日で終了する。また、ソフト、追加コンテンツ、各種コンテンツの「利用券」、ゲーム内アイテムの購入は2023年3月下旬でできなくなる。

   ただしeショップから残高追加ができなくなった後も、3DSとWiiUで運用されているアカウントシステム「ニンテンドーネットワークID」と、「Nintendo Switch」やスマートフォン向けシステム「ニンテンドーアカウント」を連携させれば、任天堂のウェブサイトから残高の追加が可能だと、任天堂は案内している。

   ゲームの更新データ購入済みのソフトや追加コンテンツの再ダウンロードは引き続き利用できるが、将来的にはこれらも終了予定とのこと。

   一連の終了に伴い、多数のソフトに影響が出る。16日の任天堂発表では、3DS用ゲーム「ファイアーエムブレムif」について案内している。

   同作ではゲームをある段階まで進めた時点で、追加シナリオをユーザーが選択し、ダウンロードして続きをプレーする。このシナリオがダウンロードできなくなるため、まだシナリオ選択が済んでいないユーザーは23年3月下旬までに選択とダウンロードを済ますよう呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!