2022年 5月 17日 (火)

山形県の「麺絆英」冷凍ラーメン自販機 売り切れ続出大ヒットの舞台裏

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   山形県三川町の道の駅「庄内みかわ」には、冷凍のつけ麺やラーメンを買える人気の自動販売機がある。「麺絆英」(めんばんひで)という店が運営する自販機で、2022年2月10日に提供を開始したばかり。ところが15日までに、店舗ツイッターやファンの間ではメニューの「売り切れ」報告が相次いでいる大ヒットぶりだ。

   同店は三川町近隣の鶴岡市内で2022年1月10日まで、通常のラーメン店のように店内飲食できる店として営業していた。閉店から1か月後、自販機の稼働をスタート。店舗ツイッターの名前には「自動販売機専門店」を掲げている。

  • 山形県三川町・道の駅「庄内みかわ」に設置された自販機(画像は麺絆英の提供)
    山形県三川町・道の駅「庄内みかわ」に設置された自販機(画像は麺絆英の提供)
  • 販売している冷凍つけ麺の実際の調理イメージ(麺絆英の提供)
    販売している冷凍つけ麺の実際の調理イメージ(麺絆英の提供)
  • 山形県三川町・道の駅「庄内みかわ」に設置された自販機(画像は麺絆英の提供)
  • 販売している冷凍つけ麺の実際の調理イメージ(麺絆英の提供)

人気店が「自販機専門店」に

   「麺絆英」は、東京・東池袋大勝軒で修行した庄司英高さんの店。東池袋大勝軒の味を継承したつけ麺や、煮干しラーメンを提供している。地元放送局「さくらんぼテレビ」が実施した「やまがたラーメン道GP」ではプロや県民の投票のもと、2019年に「おすすめ店」として1位を獲得した。

   人気店がなぜ自販機専門店となったのか。22年2月15日、店主の庄司英高さんに取材した。鶴岡市で営業していた当時の「麺絆英」は2021年12月に一度閉店しつつ、翌年1月10日まで数日営業し、限定メニューの提供を行った。

   新型コロナウイルスの影響でテイクアウトを始める飲食店が増えた中、庄司さんも店舗内外やECサイト、自動販売機でラーメンの販売を考えていた。ところが、旧店舗の設備の関係上、製造業としてテイクアウトに向けた営業の許可を行政側から得られなかったと明かす。

   庄司さんにはもともと、新たに店を建てたい思いもあった。そこで店舗増設ではなく、テイクアウトのための設備を備えた店の新設を決断し、旧店舗は閉店するに至った。ところが、新店の工事はコロナ禍などの影響で遅延。本来は21年11月に完成する予定だった。冬は雪の影響もあり、竣工予定は22年3月末までにずれ込んだ。

   閉店後は当然、売り上げゼロ。一方で21年12月、22年1月に旧店舗で営業したため、取引先の業者への支払いが発生した。急場をしのぐ手段として、「気が付くと」自動販売機での販売を始めていたという。これがヒットした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!