2022年 7月 5日 (火)

羽生結弦のスター性は超一流の表現力から ピアニスト反田恭平もうなった

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

水のように流れる

   毎日新聞は2022年2月7日の大阪夕刊で、ピアニストの反田恭平さんに聞いている。反田さんは昨秋のショパン国際ピアノコンクールで日本人の過去最高成績に並ぶ2位になった。羽生選手と同じく27歳。

   今季のショートプログラム(SP)で演じる「序奏とロンド・カプリチオーソ」について、反田さんは華麗な振り付けに注目していた。

「踊り方、指先までのコントロールも素晴らしい。最初の部分は『ミ』『ラ』と5度落ちてくる音型に合わせて、手を流れるようにしています。曲にあった流れで、水のようです。羽生選手の序奏はしなやかな部分を見せています」

音楽家としての観点から「表現者・羽生結弦」はどのように映るのだろうか。そんな記者の問いかけに、反田さんは、音楽に向き合う姿勢を絶賛した。

「曲のことを考えているな、と。羽生選手の良いところは、曲を尊重しているところだと思います。確かにクラシック畑の人間からしてみれば、曲を短くするとか、編曲はご法度です。唯一それをしても補えるのがフィギュアスケートなのかなと。表現者のスケーターが音楽を尊重して踊っていると、嫌な気持ちにはなりません」
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!