2022年 5月 18日 (水)

ヤマダ×Amazon共同開発 「Fire TV」国内初搭載「スマートテレビ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ヤマダホールディングスは、Amazon(アマゾン)と共同開発した「FUNAI」ブランドの液晶テレビ4モデルを、2022年3月5日に同グループ店舗および直販サイト「ヤマダウェブコム」などで発売する。

  • テレビ番組も動画もスマートに楽しめる
    テレビ番組も動画もスマートに楽しめる
  • テレビ番組も動画もスマートに楽しめる

ラインアップは4種類

   ストリーミングメディアプレーヤー「Fire TV」を国内初搭載したという「スマートテレビ」。地上波/BS/CS/4K(HDモデルは非対応)放送に加え、「PrimeVideo」や「YouTube」、「Netflix」などストリーミング動画サービスの視聴にも対応。ホーム画面からユーザーの好みに応じたコンテンツを直感的に選択して楽しめる。

   最大6人分のプロフィールを作成でき、家族1人1人が見ていたコンテンツの続きを再生可能。チャンネルのお気に入り登録や、ウォッチリストへの登録もできる。外付けハードディスクを接続すればテレビ番組の録画も可能になる。

   音声アシスタント「Amazon Alexa」搭載の音声リモコンが付属。「Alexa」ボタンを押して話しかければ、コンテンツをタイトル名やジャンル名、俳優の名前などで検索できるほか、動画の操作やアプリの起動、外部入力の切り替えなどの操作も音声で行える。

   また「Alexaスキル」を使った様々なサービスの利用や、スマートホームに接続されたカメラや照明などの操作にも対応する。

   ラインアップと価格は、32型HDモデル「FL-32HF140」が5万4780円。4Kモデルの43型「FL-43UF340」が10万9780円、同50型「FL-50UF340」が12万780円、同55型「FL-55UF340」が14万2780円(全て税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!