2022年 5月 23日 (月)

羽生結弦とパンダで友好ツイート いつもはコワモテ中国外交官のSNS外交

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   中国では「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるシステムによって、グーグルやツイッター、ユーチューブ、インスタグラムなど欧米のサイトへのアクセスが遮断されている。だが、2020年前後から、中国の外交官が続々とツイッターアカウントを開設し、自国の主張を外国語で宣伝するようになった。

   有名外交官のアカウントは、100万以上のフォロワーを獲得。北京冬季五輪では、欧米の外交ボイコットに対抗するように、SNS外交を展開した。

  • 北京五輪フィギュアエキシビションで、羽生結弦選手とビンドゥンドゥン(写真:新華社/アフロ)
    北京五輪フィギュアエキシビションで、羽生結弦選手とビンドゥンドゥン(写真:新華社/アフロ)
  • 北京五輪フィギュアエキシビションで、羽生結弦選手とビンドゥンドゥン(写真:新華社/アフロ)

たまに見せる笑顔

   華春瑩報道局長(当時報道官)のツイッターアカウントが開設されたのは、2020年2月。当初は「なりすましでは?」とも疑われた。

   華局長は欧米や日本を強い口調で批判する「強面」報道官として知られるが、河野太郎外相(当時)との「自撮り」ツーショットがツイッターに投稿されたり、日本人記者からのパンダの「シャンシャン」に関する質問を発音が似ている「杉山(Shanshan)晋輔外務事務次官」(同)と聞き間違え、勘違いに気づいて爆笑したりと、たまに見せる笑顔が日本のネット民の心をくすぐってきた。

   華局長のツイッターのフォロワー数は現在までに110万人を突破。記者会見で強気の発言を繰り返し、117万フォロワーを抱える趙立堅報道官と、中国外交官インフルエンサーの双璧を形成している。

   日本での知名度の高さを意識してか、華局長は折に触れ日本語の投稿も行う。J-CASTニュースの2021年6月24日の記事によると、それまでの1年間に発信した日本語ツイートは計10件。うち6件がパンダ関連で、パンダを日中友好の強力コンテンツとみなしていることが伺えた。

趙報道官の日本語投稿、華局長に比べると非常に少ない
趙報道官の日本語投稿、華局長に比べると非常に少ない
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!