2022年 5月 24日 (火)

ウクライナ国旗「青と黄」ライトアップ各地で 熊本城、都庁に続くのは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロシアのウクライナ侵攻を受けて、日本各地ではウクライナ国旗の青と黄色にライトアップして支援の意を示そうという試みが続出している。

   熊本城をはじめとする城や、行政庁舎が目立つ。ランドマークとなる建物で、今後予定しているところはあるだろうか。

  • ウクライナカラーに染まった熊本城天守閣(写真提供:熊本城総合事務所)
    ウクライナカラーに染まった熊本城天守閣(写真提供:熊本城総合事務所)
  • ウクライナカラーに染まった熊本城天守閣(写真提供:熊本城総合事務所)

城と庁舎が多い

   東京都はウクライナとの連帯を示すために、2022年2月28日から都庁第1本庁舎を「ウクライナカラー」にしている。兵庫県神戸市でも、ウクライナに一刻も早く平和が訪れるよう祈りを込めて、3月1日から神戸ポートタワーと「BE KOBE」モニュメント、市章山で、ウクライナ国旗をイメージしたカラーにライトアップしている。

   全国の史跡でも。熊本城(熊本市)の天守閣は1日から大天守を青、小天守を黄色に照らし、犠牲者への哀悼と反戦の意思を示す。同日からは、伊賀上野城(三重県伊賀市)や豊田城(茨城県常総市)も、ウクライナの国旗カラーに染まっている。ウクライナの首都キエフと姉妹都市提携を結ぶ京都市の二条城は、4日から行う。

   ほかにも岐阜市役所は3月1日から、羽村市動物公園(東京都)と横浜市庁舎では2日から、ライトアップを始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!