2022年 5月 22日 (日)

大阪・関西万博公式キャラ候補のパンチ力 強烈ロゴ使ってインパクト大

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の公式キャラクターデザインの最終候補作品が、3つに絞られた。

   大阪・関西万博は、2020年8月に決まった公式ロゴマークのデザインが話題となった。連なった赤色の球体に目のような模様が複数つき、「奇抜」との声が出ていた。今回のキャラデザイン候補は、どれもロゴの意匠と関連した独特のものだ。

  • 大阪・関西万博の公式キャラクターデザインの最終候補 左から候補A・B・C
    大阪・関西万博の公式キャラクターデザインの最終候補 左から候補A・B・C
  • 大阪・関西万博の公式キャラクターデザインの最終候補 左から候補A・B・C

ロゴマークを「かぶる」、姿が「変わる」

   最終候補3作品は、2022年3月2日に発表された。21年11月から12月1日の間に募集した1898作品の中から選ばれた。応募者の「制作意図」「特徴」「ロゴマークとの関係性」も掲載されている。

   候補Aは、赤い体をした1つ目のキャラクター。1頭身で、青いバッグを手に持ち、隣には犬のような生物がいる。ロゴマークを「擬人化」したもので、「おぼえやすいシンプルキャラクター」として描いたとのこと。

   候補Bは、短い足や尻尾が生えたスカイブルーの球体が、公式ロゴマークをかぶったデザイン。球体は「地球・人(自分)・生命体」を意味するという。キャラの頭にロゴをかぶせる事でキャラクターとして成立させ、「共生社会」などを意図している。大量の目が付いているように見えるが、ロゴをかぶっているのであって球体部分に「目はない設定」とのこと。

   そして候補C。液体のようなキャラクターの頭部の周囲に、公式ロゴマークの模様が備わっている。このキャラクターに決まった形はなく、「メインのデザインはあくまで形のひとつ」。赤い部分は「分裂」し、青い部分は自在に形が変わるとのこと。

   ロゴとの関係性について「生きているロゴマークは、ずっと『変わりたい』と願っていました。ある時、清い水と出会ったことで、色々な形に姿を変えることが出来る様になりました」とつづられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!