2024年 6月 16日 (日)

子育て支援活動と女性研究者を応援 「未来を強くする子育てプロジェクト」表彰式

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   住友生命保険は、第15回「未来を強くする子育てプロジェクト」表彰式を2022年2月25日にオンラインで開催した。

   より良い子育て環境づくりに取り組む「子育て支援活動」、子育てをしながら大学や研究所で研究活動を行う「女性研究者への支援」の2テーマに沿って受賞した計22組の団体・個人が参加。5人の選考委員と、住友生命保険・高田幸徳取締役代表執行役社長が登壇し、選考理由などを語った。

  • 選考委員会メンバー、住友生命保険・高田幸徳社長、子育て支援活動の表彰部門受賞者
    選考委員会メンバー、住友生命保険・高田幸徳社長、子育て支援活動の表彰部門受賞者
  • 選考委員会メンバー、住友生命保険・高田幸徳社長、子育て支援活動の表彰部門受賞者

子どもを取り巻く「学び環境」の変化

   「子育て支援活動」部門へは211組の応募があり、うち10団体が「スミセイ未来賞」を受賞。さらに「認定NPO法人 盛岡ユースセンター」、「特定非営利活動法人 日本こども支援協会」が「スミセイ未来大賞」に選ばれた。

   盛岡ユースセンター(スミセイ未来大賞・文部科学大臣賞)は、小学5年生~20歳前後を対象としたフリースクールとして11年にわたり運営、活動している。センター長の尾形岳彦さんは、「不登校」はしばしば子どもの問題として見られてしまいがちだが、と前置きした上で

「近年は子どもの学習権が十分に保障できていないという、制度や、教育環境の不備の問題という捉え方が少しずつ広がって来ているように感じる」

とコメント。これからの学校や学び方は、子どもたちが自分にあった教育を選び、活用出来るものに変わっていく必要があるとも話した。

   日本こども支援協会(スミセイ未来大賞・厚生労働大臣賞)は、里親制度の認知向上を目的とした啓発活動・支援を行っている。渕しのぶ代表理事が登壇し、活動開始から12年弱の月日を振り返って「子どもたちを取り巻く環境はより深刻さを増している」と説明。課題が増えていくスピードに追いつかず、苦しみながらの活動だったというが、今回評価を受け、「心を持ち上げられるような思いになった」と語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!