2022年 5月 28日 (土)

ウクライナの「鳥人」ブブカ氏 ツイッターからにじみ出る「苦悩」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ウクライナの誇るスポーツ界のレジェンドと言えば、セルゲイ・ブブカ氏(58)だ。棒高跳びで世界記録を35回塗り替え、五輪で優勝したこともある。世界陸上では6連勝。

   しかし、多数のウクライナの現役メダリストらが、今回のロシアによる侵攻をこぞって強く非難する中で、ブブカ氏の心境はすぐには発信されなかった。

  • 東京五輪・陸上男子棒高跳の表彰式に登場したブブカ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
    東京五輪・陸上男子棒高跳の表彰式に登場したブブカ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 東京五輪・陸上男子棒高跳の表彰式に登場したブブカ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)

世界陸連の副会長

   ブブカ氏は現在、世界陸連の副会長を務めている。そのため、今回のロシア侵攻に関して、最初にブブカ氏の名前が登場したのは、世界陸連セバスチャン・コー会長のコメントの中だった。日刊スポーツは2022年2月25日、「世界陸連がロシア非難 コー会長がウクライナ出身の『鳥人』ブブカ副会長らと協議、支援申し出」という見出しで概要を伝えている。

   それによると、世界陸連は24日、「ウクライナでの出来事に驚愕(きょうがく)し、ロシア軍の侵攻を非難する」との声明を発表した。コー会長が、男子棒高跳びで「鳥人」と称されたブブカ副会長や同国陸連と話し合い、支援を申し出たという。

   世界陸連のコー氏とブブカ氏の正副会長コンビは、共にレジェンド同士の組み合わせだ。コー氏は、モスクワとロサンゼルス五輪で1500メートル(m)の金メダル、800mでも銀メダルを獲得した栄光の名ランナー。ブブカ氏は、1985年7月13日に世界で初めて6mを突破。94年に記録した屋外6m14cmは、2020年9月にスウェーデン選手に更新されるまで屋外世界記録だった。空を飛ぶことが出来る鳥になぞらえ、「鳥人」という尊称がつけられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!