2022年 5月 22日 (日)

カンロ「バターキャンディ飛ぶぞ」 SNSのパワーワード頂きました

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   カンロは、「バターキャンディ飛ぶぞ」を2022年2月28日に発売した。「まるでそのままバターを舐めているような」味わいのキャンディーとのことだが、目を引くのはその商品名だ。

   パッケージにも「バター、舐めたことないでしょ、飛ぶぞ。」と独特のフレーズが印刷されている。「飛ぶぞ」の意味をカンロのブランド開発部に取材し、聞いた。

  • バターの味わいを追求したカンロ「バターキャンディ飛ぶぞ」 (画像はカンロ提供)
    バターの味わいを追求したカンロ「バターキャンディ飛ぶぞ」 (画像はカンロ提供)
  • バターの味わいを追求したカンロ「バターキャンディ飛ぶぞ」 (画像はカンロ提供)

「びっくりするほどおいしい」を込めて

   このキャンディーは、「バターそのものを追求した味わいやなめ心地が特徴」という。舐めているとバター特有の油分が溶け出す感覚や、背徳感ある香りを感じられるよう研究と試作を重ねた「意欲作」との話だ。

   食べた瞬間、バターの香りが押し寄せる「インパクトのある味わい」に仕上がった。それを伝えたいとの思いから、「バターキャンディ飛ぶぞ」という名称になったという。

「『飛ぶぞ』という言葉は、『びっくりするほどおいしい』ことを表現しています」

   若者を中心にSNS上で、おいしいものを人に勧める時などに「飛ぶぞ」という表現が使われている例を見て、「非常にインパクトがあるフレーズ」と、参考にしたという。

   全国のコンビニエンスストアや駅売店で販売。セブン‐イレブンでは3月1日から取り扱っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!