2022年 5月 22日 (日)

「広告と違う」スマホゲーム「ホームスケイプ」はロシア発 その行く末

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ウクライナ侵攻を受け、世界中でロシアへの経済制裁が行われている。米アクティビジョン・ブリザードや米エピック・ゲームズといった大手ゲーム会社がロシアでの販売を停止するなど、影響はゲーム業界にも出ている。

   ツイッターでは、ロシアが孤立化すると、同国のゲームも日本でプレー不可になるのでは、と不安げなユーザーがみられる。ロシアのゲームと聞いてもピンとこないかもしれないが、実は日本のインターネット上の広告にはたびたびロシア発の会社のゲームが登場している。

  • これを遊びたいと思ってダウンロードすると(画像はApp Storeの「ホームスケイプ」配信ページの動画から
    これを遊びたいと思ってダウンロードすると(画像はApp Storeの「ホームスケイプ」配信ページの動画から
  • 気がつけばパズルを解かされている(「ホームスケイプ」ゲーム中のスクリーンショット)
    気がつけばパズルを解かされている(「ホームスケイプ」ゲーム中のスクリーンショット)
  • これを遊びたいと思ってダウンロードすると(画像はApp Storeの「ホームスケイプ」配信ページの動画から
  • 気がつけばパズルを解かされている(「ホームスケイプ」ゲーム中のスクリーンショット)

色合わせパズル解かされまくる

   スマホゲームのアプリ内やユーチューブの広告動画でたびたび流れる「Homescapes(ホームスケイプ)」というゲーム。水漏れや火事といったトラブルを、工具を選んで解決したり、迷路のような場所に設置されたピンを動かし、ピンチに追い込まれた主人公を助ける、といった広告が知られている。

   これはロシアで設立された会社「Playrix」が提供しているスマートフォン(スマホ)向けのゲームだ。実際にプレーすると、主人公がボロボロの実家をリフォームしていくというストーリー。しかし壊れた棚やベッドを新品に替えようとすると、パズルゲームが始まる。同じ色のコマを3つ以上そろえる「マッチ3ゲーム」と呼ばれるパズルだ。

   「ホームスケイプ」の内容は、このパズルが大半なのだ。広告で見たようなコンテンツも遊べはするが、パズルの終了後にたまにミニゲームとして出現し、プレーできるという程度だ。

   「ホームスケイプ」の広告との落差はネット掲示板やツイッターユーザーの一部で知られており、iPhone向けアプリ配信サービス「App Store」でのレビュー欄では「面白いけど広告と内容が全然違う」との指摘が多い。ただゲーム自体は高評価で、レビュー評定平均は5段階中4.4だ(2022年3月8日現在)。

   「Playrix」は、庭の整備をする「Garden Scapes(ガーデンスケイプ)」やアクアリウムを作る「Fishdom(フィッシュダム)」というゲームも配信している。これらもピンなどを操作して登場人物や魚を助ける広告が展開されてきたが、実際のゲーム内容の大半はやはり「マッチ3ゲーム」のパズルだ。

   ウェブメディア「電ファミニコゲーマー」の20年10月13日付記事は、英国では「誤解を招く」として、「広告基準協議会」がホームスケイプとガーデンスケイプの広告表示を禁止する判断を下したと伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!