2022年 5月 28日 (土)

「ジャンプ+」で連載「タコピーの原罪」転売続出 単行本が倍近くの高額

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ウェブ漫画誌「少年ジャンプ+」で連載中の「タコピーの原罪」。その単行本「上」巻が2022年3月4日に発売されると、8日までにフリマアプリ「メルカリ」で相次いで転売されている。

   書店のツイッターアカウントが、転売品を購入するのを控えてほしいと投稿するなど、波紋を呼んでいる。

  • タコピーの原罪(上) (タイザン5さん著・集英社)
    タコピーの原罪(上) (タイザン5さん著・集英社)
  • タコピーの原罪(上) (タイザン5さん著・集英社)

転売から購入少なくない

   「タコピーの原罪」は「タイザン5」さんが2021年12月10日に連載を開始した。「ハッピー」を広めるため地球に降り立った宇宙人・タコピーが、笑わない少女「しずか」と出会い、トラブルに巻き込まれていくストーリーだ。

   連載当初は「ジャンプ+」での作品バナー画像に「最高にハッピーな小学生人間ドラマ」と掲げていたが、1話から複雑な家庭環境やいじめといったエピソードが展開され、ツイッター上で話題を呼んだ。各話はいずれも22年3月8日までに、300万回以上閲覧されている。

   単行本の紙版の通常価格は693円で、電子版は659円。転売状況を調べると、紙版はメルカリだと1200円以上が100件以上みられる。8日19時現在、転売品のうち8割近くが売り切れだ。

   ECサイト「アマゾン」の場合、アマゾン公式からの出品は品切れで、他の業者から1400円以上で販売中。「楽天ブックス」では売り切れで注文できない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!