2022年 6月 26日 (日)

「iPhone SE3」に進化なし? USB-C復活せず、見た目も変化乏しく

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   米アップルは第3世代の「iPhone SE」(以下SE3)を発表した。iPhoneの廉価版タイプ「SE」シリーズの最新機で、2022年3月18日に発売予定で、11日から予約を受け付ける。

   2020年4月発売の第2世代機「SE2」から、約2年ぶりの新型。一新されたスペックを見ると、前世代とあまり変わっていない!?

  • iPhone SE3は22年3月18日に発売
    iPhone SE3は22年3月18日に発売
  • iPhone SE3は22年3月18日に発売

「Lightning」またも

   まず外見の変化はほとんどない。「SE2」は4.7インチのディスプレーを搭載し、本体は幅67.3mm(ミリメートル)、高さ138.4mm、厚さ7.3mm、重量148g(グラム)。「SE3」では重量が144gとわずかに軽くなった程度で、大きさ・画面サイズは同じだ。解像度は1334x750ピクセルの326ppi(画素密度)で、前世代機から据え置いている。

   外部機器との有線接続規格は、SE2と同じくアップル独自の「Lightningコネクタ」を採用。タブレット端末「iPad mini」などに搭載されている「USB-C」は導入されなかった。

   保存可能なデータ容量「64GB」「128GB「256GB」も、以前と同じ。さらに、「ホームボタン」と指紋認証機能「Touch ID」は続投となった。ハード面で目新しい変化がなかったことから、インターネット掲示板では冒頭のように「SE2とほぼ同じ」との皮肉めいた意見があった。

   もちろん、性能などの部分で変更点はある。端末の処理能力に関わる「チップ」は、上級モデルの「iPhone 13」と同じ「A15 Bionicチップ」を搭載。また、モバイルデータ通信では5G(第5世代移動通信システム)に対応し、より高速な回線を利用できるようになった。

   バッテリーも改善された。連続で音楽を再生可能な最大時間は40時間(SE2)から50時間(SE3)に、ビデオ再生では13時間から15時間に伸びた。

   価格は、高額に。アップル公式サイトのSE2は21年9月時点で、64GBモデルが4万9800円(税込・以下同)、128GBが5万5800円、256GBは販売を終了していた。一方、SE3は64GBが5万7800円、128GBが6万3800円、256GBが7万6800円だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!