2022年 5月 18日 (水)

「1台6役」の低温コンベクションオーブン ノンフライ調理、フードドライも

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   美容および調理家電を手がけるテスコム電機(東京都品川区)は、低温コンベクションオーブン「TSF61A」を、2022年3月10日に全国の家電量販店およびインターネット通販などで発売。

  • 「上火グリル」でしっかり焼き上げ、「ジップロック」のまま低温調理も
    「上火グリル」でしっかり焼き上げ、「ジップロック」のまま低温調理も
  • 「上火グリル」でしっかり焼き上げ、「ジップロック」のまま低温調理も

「ジップロック」公認

   繊細な温度管理技術に関する同社のノウハウを投入し、従来のオーブントースターにはなかった温度帯と長時間の使用を可能にした。コンパクト設計ながらトーストや低温調理、ノンフライ調理、フードドライなどもできる"1台6役"を実現している。

   アレンジトーストやオーブン料理に便利な新モード「上火グリル」を搭載。上火で加熱することで、具材に火が通りにくいとされるアレンジトーストをしっかり焼き上げる。加えてピザやグラタンなどもおいしい焦げ目とともに焼き上げられる。


   低温調理の際に用いられるジッパー付きバッグ「ジップロック」を製造する旭化成ホームプロダクツから、ジップロックのまま低温調理を行える家電として公認されているという。フリーザーバッグの中で下味を付けた後そのまま低温調理をしたり、低温調理後にストック食材としてそのまま冷凍できるなど、様々な使い方が可能だ。

   カラーはスレートグレー。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!