2022年 5月 24日 (火)

アップル「寝ていてももうかる」に微妙な風 iPhone SE3中国で「酷評」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ファーウェイが米政府の規制で身動きが取れなくなり、「寝ていてももうかる」と中国で揶揄(やゆ)されているのがアップルだ。ハイエンドセグメントでは独り勝ちとなり、今月発売した第3世代の「iPhone SE」(以下SE3)は、シャオミやOPPO、vivoなど中国勢が強いミドルエンドに攻勢をかけるキラー端末とみなされている。

   2022年3月18日に発売されるSE3の主要なアップグレードは2点。端末の処理能力に関わるチップが、上級モデルの「iPhone 13」と同じ「A15 Bionicチップ」に格上げされた。5G(第5世代移動通信システム)に対応し、より高速な回線を利用できるようになった。

   コロナ禍で5Gが一気に普及した中国では、日本以上に5G対応の有無がスマホの評価を左右する。アップルは、2021年秋に発売したiPhone13で5Gに対応、大ヒットしたことを念頭に、64GB モデル・3499元(約6万4000円)から購入できるSE3を「最も安価な5G対応iPhone」と売り込んでいる。

   しかし、2つのアップグレードは事前リークで既に織り込まれており、それ以外の大きなサプライズがなかった。このことから、SE3は「新しい酒袋に古い酒を入れただけ」「iPhoneの下位互換」と厳しい反応が多い。

  • 3月8日、アップルが新製品発表会で新型「iPhone SE」など発表(提供:Brooks Kraft/Apple Inc/AFP/アフロ)
    3月8日、アップルが新製品発表会で新型「iPhone SE」など発表(提供:Brooks Kraft/Apple Inc/AFP/アフロ)
  • 3月8日、アップルが新製品発表会で新型「iPhone SE」など発表(提供:Brooks Kraft/Apple Inc/AFP/アフロ)

ファーウェイが失ったシェア奪う

   新しもの好き、ブランド好きの多い中国で、イノベーションの象徴であるiPhoneは長らく圧倒的な地位を維持していた。2014年発表のiPhone6は中国市場での発売日が遅れたことから、米国やオーストラリア、日本の店舗に中国人が長蛇の列を作った。しかしその後はファーウェイを筆頭に中国メーカーが台頭。風向きの微妙な変化を読めなかったアップルは2018年秋に10万円超えのiPhone Xを発売し、中国人に「高すぎる」とそっぽを向かれ、アンドロイド端末へ乗り換えるきっかけをつくってしまった。

   アップルはこの数年、ハイエンド端末でファーウェイとつばぜり合いを繰り広げて来た。だが、ファーウェイが米政府の規制で2021年以降急激にシェアを落とすと、独り勝ちの状況に。シャオミやOPPOなど中国メーカーもハイエンド端末に力を入れているが、今のところアップルの敵ではない。昨年秋に発売したiPhone 13も中国市場で販売を伸ばし、2021年第4四半期にはファーウェイが失ったシェアの多くを奪い取った。

2020年、2021年の第4四半期(10-12月)の中国でのスマホ市場シェアの推移。iPhone13の売れ行き好調で、アップルの独り勝ちが際立つ(出典: https://www.counterpointresearch.com/apple-reaches-highest-ever-market-share-china/)
2020年、2021年の第4四半期(10-12月)の中国でのスマホ市場シェアの推移。iPhone13の売れ行き好調で、アップルの独り勝ちが際立つ(出典: https://www.counterpointresearch.com/apple-reaches-highest-ever-market-share-china/)
2020年、2021年通年のシェアの推移(出典: https://www.counterpointresearch.com/apple-reaches-highest-ever-market-share-china/)
2020年、2021年通年のシェアの推移(出典: https://www.counterpointresearch.com/apple-reaches-highest-ever-market-share-china/)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!