PS5生産にウクライナ侵攻が影響? 専門家は「もっと深刻な課題」指摘

   ロシアのウクライナ侵攻が、ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の生産に影響するのか。

   半導体製造用ガス「ネオン」を供給しているウクライナの主要メーカー2社が、操業を停止したと英ロイターが報じた。ゲームファンは、不安になっている。

  • プレイステーション5は2020年11月に発売された
    プレイステーション5は2020年11月に発売された
  • プレイステーション5は2020年11月に発売された

「ネオン」世界供給の45~54%

   ロイター3月14日付記事によると、操業停止したウクライナ企業「インガス」と「クライオイン」は、「半導体製造に使われるレーザー光の生成に必要なネオンの世界供給の45~54%を生産」している。既に世界的な半導体不足が起きており、2社の休業でこれが加速すれば「PS5がいよいよ生産できなくなるのでは」と案じる意見が、ツイッター上に複数ある。

   エース経済研究所のシニアアナリストで、ゲーム事情に詳しい安田秀樹氏に取材した。ネオン不足を理由に、今後「『1、2週間で(半導体の)生産ができなくなる』などと大騒ぎする状況ではない」と説明する。

   安田氏の分析では、半導体業界にはまだ十分なネオンの在庫がある。ロシアとウクライナの戦争が長引かない限り、あまり問題は発生しないとの認識だ。今年5月ごろまでに終戦すれば、ほとんど影響がないとの考えを示した。

   仮に、ネオン不足により本当に生産に大きな打撃が生じているとしたら、PS5の半導体を製造しているとされる台湾の半導体大手・TSMC社が声明文を出しているはずだと続けた。

姉妹サイト