2022年 5月 24日 (火)

「TSUTAYA TV」永久に視聴できるはずが終了へ 「生涯」「不滅」でも終わる

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"
動画配信サービス「TSUTAYA TV」が2022年6月14日、終了する。公式サイトの「よくある質問」ページによると、ユーザーが購入した動画などは「永久に視聴できる」ものとして提供していたが、サービス停止に伴い見られなくなる。一部のR18(成人向け)作品はウェブサイトから引き続き利用できるほか、商品購入に使った現金やポイントは返金される。

   「一生」「永久に」使えるとの触れ込みのサービスでも、ある日終わりを迎えることがある。

  • ずっと利用できると思っていたけれど、サービス終了か(写真はイメージ)
    ずっと利用できると思っていたけれど、サービス終了か(写真はイメージ)
  • ずっと利用できると思っていたけれど、サービス終了か(写真はイメージ)

「100年メール」は6年で

   KDDIは2007年7月、「au one メール」という無料のメールサービスを提供開始した。auブランドのポータルサイト「au one」上で利用でき、スタート前の発表時には「(携帯電話を)機種変更しても一生分のメールが保存できる『100年メール』を目指します」とうたっていた。

   だが実際は2013年9月、提供終了。開始から6年しか使えなかった。なおau公式サイトにはサービス終了時の情報ページが残っている。そこには「ずーっと付き合える『100年メール』」の文言が今もある。

   注意書きの欄には「100年とは200文字程度のメール (添付ファイルなし) を毎日60通、送信または受信した場合を想定したものであり、100年間利用できることを保証するものではありません」と記載されている。

   大学機関が在学生に提供するメールサービスには、「生涯メール」などと題して卒業後も使えるケースがある。北里大学も「生涯メール」を用意していたが、22年5月末で終了する。3月15日までに発表した。今後の大学メール(@st.kitasato-u.ac.jp)は在学生のみを利用対象とし、卒業生はログインできなくなる。

   公式サイトでは「元来、本学で発行・管理するメールアドレスは名刺と同じ役割を持ち、北里に籍を置く学生としての身分を表すものです」と、生涯メール終了の背景を説明している。専修大学も2015年3月に「専修大学生涯メールアドレスサービス」(@ym.senshu-u.jp)の提供を終了している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!