2022年 6月 27日 (月)

アツアツのフライパンに水かけないで 「ジューッ」の音は加工傷むサイン

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

   調理に使ったばかりの、アッツアツのフライパン。水をかけると湯気が上がり、「ジュ~~ッ!」という音が。調理器具メーカーの和平フレイズ(新潟県燕市)によると、実は「フライパンの悲鳴」だという。

   些細なことでも、誤った知識をもとに器具を扱っていると、本来なら長く使えたはずがすぐに劣化したり、壊れたりする恐れがある。フライパンやホーロー鍋の「意外に知らない」間違った使い方を、同社に取材した。いずれも、何気なくやっているかもしれない。

  • アツアツのふっ素樹脂加工フライパンに水をかけないで(提供:和平フレイズ)
    アツアツのふっ素樹脂加工フライパンに水をかけないで(提供:和平フレイズ)
  • ホーロ-鍋は「炒め」に使えない(提供:和平フレイズ)
    ホーロ-鍋は「炒め」に使えない(提供:和平フレイズ)
  • アツアツのふっ素樹脂加工フライパンに水をかけないで(提供:和平フレイズ)
  • ホーロ-鍋は「炒め」に使えない(提供:和平フレイズ)

2万人のうち7割が「知らない」事実

   和平フレイズ・ツイッター担当者によると、熱されたふっ素樹脂加工(テフロン)フライパンに水をかけるのは「表面加工が傷む原因のひとつ」。すぐに汚れを落とそうとして、やってしまっている人はいないだろうか。

   表面加工が傷む原理は、こうだ。熱で金属は膨張する。火から下ろした熱いフライパンに大量の水をかけると、ぎゅっと収縮し、表面の加工がずれて剥がれやすくなるのだ。加工が剥がれたところからこびり付きやすくなり、劣化のスピードが早まる。急に冷やしてはならない。

   ふっ素樹脂加工のフライパンの多くは、本体が熱伝導率の良いアルミニウム製であり、温度が上がるのも下がるのも早い。火から下ろした後、2分ほど待ってから水をかけるとよい。

   和平フレイズの担当者は以前、「調理後すぐの、ふっ素樹脂加工(テフロン)フライパンを急に冷やすと表面加工が痛む」ことをツイートしたうえで、内容を知っていたかどうかアンケートを取った。結果、1万9000票が集まり、「知らなかった(72.9%)」が多数となった。

「私も、入社するまでは知りませんでした。取っ手から伝わる振動や、『ジューッ』という音が好きで、ついやってしまっていた反省があります」

他にも「強火で予熱する」「フライパンの中で調理したものを長期間保存」など、ふっ素樹脂加工を傷める要因はさまざま。フライパンの素材、加工によって適切な扱い方が異なるので、注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!