2022年 7月 7日 (木)

中国東方航空「ほぼ垂直落下」なぜ 「ボーイング737」日本でも約150機運航

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   中国東方航空のMU5735便、ボーイング737-800NG型機の墜落事故が世界の航空関係者に衝撃を与えている。高高度を飛行中に突然、何らかのトラブルが発生、ほぼ垂直に地上に墜落したという異例の事故だからだ。原因は調査中だが、同型機は世界で約5000機、日本でも150機近くが運航しているだけに、影響は大きい。

  • 中国南部で旅客機が墜落。機体の一部とみられる破片(写真:新華社/アフロ)
    中国南部で旅客機が墜落。機体の一部とみられる破片(写真:新華社/アフロ)
  • 中国南部で旅客機が墜落。機体の一部とみられる破片(写真:新華社/アフロ)

高度9000メートル付近から急降下

   報道によると、同機は2022年3月21日、中国雲南省昆明の空港を離陸。広東省広州市に向かう途中、梧州市上空で連絡が途絶えた。その後の調べで、高度9000メートル付近から急降下し、墜落していたことが分かった。現場付近の鉱業会社の監視カメラには、機体がほぼ垂直に落下する様子が映っていた。

   一般に、航空機事故は、「クリティカル・イレブンミニッツ」(魔の11分間)と呼ばれる離陸や着陸の時間帯に起きることが多い。高高度を飛行中に何らかのトラブルを起こし、最終的にほぼ「垂直落下」というのは、極めて異例だ。

   米ブルームバーグでは、航空安全コンサルタントで元737操縦士のジョン・コックス氏が「奇妙だ。機体はそうなりにくい」とコメントしている。

   また、米運輸安全委員会(NTSB)の元調査官で737型機の操縦経験のあるベンジャミン・バーマン氏は、墜落原因について結論を出すのは時期尚早だとしつつ、ある種の誤作動や操縦士のミスのほか、幾つかの原因が重なったケースなど、多くのシナリオが考えられると語っている。

   同氏は、他のジェット機と同様に、737-800型機は通常なら急降下しないように設計されており、操縦士の極端な操縦もしくは極めて異例な機能不全でなければ、そうなる可能性は低いとしている。

   中国情報を扱うRecord Chinaは、中国の航空専門家の見方を伝えている。航空学会発行の雑誌「航空知識」編集長を務める王亜男(ワン・ヤーナン)氏は、「もしパイロットがまだ機体をコントロールできる状態だったなら、主翼や補助翼、昇降舵を動かしてなんとか滑空体勢をとったり、少なくとも地面に対して機体を斜めにしたりしたはずだ」と現地メディアに語っている。

   ロイターによると、事故時の梧州市は一部で雲があったが、視界は良好だった。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!