2022年 6月 28日 (火)

はつめ「エルデンリング」の魅力を解説 「助けられ、だまされて...」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

いしたにまさき:花粉症がつらい季節です。みなさま、どんなゲームをお楽しみでしょうか。今月も、はつめちゃんとゲームの話をしよう!がやってまいりました。

はつめ:こんにちは。花粉のせいで家に籠ってゲームをするには、いい季節ですね。
  • エルデンリングは「攻略のしがいが、ありまくり」
    エルデンリングは「攻略のしがいが、ありまくり」
  • エルデンリングは「攻略のしがいが、ありまくり」

「フロム・ソフトウェア」とは

いしたに:今月はこの話をしないわけにはいかない。エルデンリングです。早速、話題沸騰。YouTubeの動画の数が、すごいことになってます。

はつめ:本当に全員やってますよね、エルデンリング。

いしたに:いくつか、キーワードもありますけど、なんかこんなにみんなが一斉にやってるのって、ひさびさの空気という感じがします。


バンダイナムコエンターテインメントとフロム・ソフトウェアは、3月16日、エルデンリングの世界累計出荷本数が1200万本を突破したと発表した。


はつめ: うーん、「フロムゲー」が出た後は、割とみんなこぞってやっているイメージです。

いしたに:「フロム・ソフトウェア」ですよね。

はつめ:いっぱい説明することあるな。

いしたに:そもそも日本の会社ですよね。 まずはそこから解説していかないと、わからない気がします。

はつめ:フロム・ソフトウェアは日本の会社で、ほかにも「ダークソウル」や「SEKIRO」とか、クオリティーの高いゲームを作ってる会社です。

いしたに:代表作はやっぱ、ダークソウルですかね。

はつめ:ですかね。あとは、オープンワールドゆえにそれぞれの遊び方があるので、いわゆる"するめゲー"ってやつですね。オープンワールドの補足をすると、決められた道・順番がある「ドラクエ」や「ポケモン」のようなゲームに対して、プレイヤーが自由に探索して自由にルートを開拓したり散策したりできるゲームです。

いしたに:そうか、ダークソウルがひととおり出て、SEKIROがあって、満を持してのエルデンリングということか。そして、最新作のポケモンも、もうオープンワールドになってしまいました。ということで、今やオープンワールドは、ゲームのトレンドというよりも、王道になっていますね。

はつめ:そうですね、元々PCでゲームしているプレイヤーからしたら、PCにはMMOがあるので「お~」という感じですが、今までオープンワールドに触れてこなかった人からしたら「なにこれ!?!??!」ってなるらしいです。

いしたに:あー、なるほどなるほど。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!