「ZIMA」メルカリで4本1万円 出荷終了のアルコール飲料が高額転売

   米国発のアルコール飲料「ZIMA(ジーマ)」。日本での出荷は2021年末に終了したと、2022年1月4日に複数メディアで報じられた。2か月が過ぎた2022年3月24日現在、フリマアプリ「メルカリ」では高額転売が相次いでいる。

   ジーマは果実の風味と炭酸が入った、青色のラベルが印象的なリキュール。若者を中心に人気を博していた。

  • 瓶と缶で展開されてきたZIMA (画像はZIMA公式サイトから)
    瓶と缶で展開されてきたZIMA (画像はZIMA公式サイトから)
  • 瓶と缶で展開されてきたZIMA (画像はZIMA公式サイトから)

アマゾンでの公式販売は売り切れ

   22年1月4日付日本経済新聞(電子版)によると、販売元のモルソン・クアーズ・ジャパン(東京都渋谷区)が出荷終了を明かし、流通している在庫限りで日本での販売を終えるとした。今後日本で別ルートでの再販を行うかは米国の本社で検討中とのことだったが、22年3月24日現在までに続報や発表は見当たらない。

   終売が報じられた当時はツイッター上で「ナイトクラブでいつも飲んでいた」とジーマを懐かしむ人が続出していた。

   日本では275ミリリットルのボトル(参考価格230円、税別)と、330ミリリットルの缶(同198円、税別)が販売されていた。フレーバーは数種類あるが、ZIMA公式サイトにリンクがある「アマゾン」の販売ページでは22年3月24日現在全て売り切れだ。

   記者が1月4日に見た時点では、メルカリでのジーマの転売はほとんど起きていなかった。ただ報道を受けて出品数が増えたのか、3月中には数十件が出品されている。

姉妹サイト