2024年 3月 1日 (金)

「グランツーリスモ7」運営が謝罪 ゲーム内での報酬に不満出ていた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   レーシングゲーム「グランツーリスモ7」(GT7)公式サイトは2022年3月25日、ユーザーへの謝罪文を掲載した。運営が実施したサービスのメンテナンス時間が長引いたほか、ゲーム内容のアップデートに伴いユーザーから「不満・混乱」が生じていたのだという。

   本作では、実在する自動車をゲーム内で買える。購入にはゲーム内通貨の「クレジット」が必要になる。このクレジットを入手するための「金策」に労力を要する上、アップデートに伴いさらに困難になったとしてこれまでツイッターやインターネット掲示板上で不満が出ていた。

  • グランツーリスモ7は22年3月4日に発売されたが(写真はプレイステーション5)
    グランツーリスモ7は22年3月4日に発売されたが(写真はプレイステーション5)
  • 「リワード体系」を見直す (画像はPlayStation Store内の販売ページ)
    「リワード体系」を見直す (画像はPlayStation Store内の販売ページ)
  • グランツーリスモ7は22年3月4日に発売されたが(写真はプレイステーション5)
  • 「リワード体系」を見直す (画像はPlayStation Store内の販売ページ)

同じレースを数百回クリアする必要アリ?

   GT7は、22年3月4日に発売された、プレイステーション(PS)5・PS4用ゲームソフト。「クレジット」を得るには、ゲーム内のレースイベントをクリアして報酬として獲得したり、現実のお金で「課金」したりする必要がある。

   3月23日付「IGN JAPAN」記事によると、「プレミアムカー」と呼ばれる価値の高い自動車では、1台当たりおよそ「18億5000万クレジット」のものがある。例えば1回クリアすることで500万クレジットを入手できるレースイベントであれば、この自動車を購入するには370回、同じレースをこなさなければならないという。

   「課金」の場合、ゲームや追加コンテンツを配信しているサービス「PlayStation Store」によると、7500万クレジットを1100円(税込・以下同)で、2億クレジットを2200円で購入できる。

   ECサイト「アマゾン」の本作レビュー欄では「(レースの)賞金が安すぎてスーパーカーが買えない」「金稼ぎが渋い」といった声が出ている。

   加えて、3月18日実施のアップデートでは、一部レースイベントの報酬のクレジットが減額された。先述のIGN記事によると、650万クレジットと報酬が設定されていたレースが、アップデートにより500万クレジットへ減らされる例があったという。

   18日のアップデート時、シリーズを開発しているポリフォニー・デジタルの代表である山内一典氏は GT7公式サイト上で、イベント報酬を調整したと説明。「課金なしでも多くのクルマとレースを楽しんでもらいたい」と考えているとした一方で、「同時に、クルマの価格も、その価値や希少性を表現する大切な要素ではあるので、実勢価格とのリンクは必要です」とゲーム内の車の値段設定について説明した。

   また「金策」のために同じレースを周回しているユーザーへ向けてか、「特定のイベントだけを、機械的に繰り返しプレイせざるをえない状況は、できるなら避けたいと思っています」と考えを述べた。こうした「繰り返しプレイ」を解決するために、今後新たなコンテンツやレースイベントを追加する方針だとした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!