2022年 6月 25日 (土)

ahamo大盛り「月100GB」新オプション でも本当に欲しいプランは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   携帯電話料金プラン「ahamo」に、2022年6月から「大盛りオプション」が登場する。月額4950円(税込・以下同)で、月あたり100GB(ギガバイト)の通信を利用できる。3月23日に発表したが、インターネット上では「10GBぐらいのプランが欲しい」という声をみかける。

   ahamoだけでなく、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク各社から21年3月に登場した新料金プランには月あたり10GBというプランがないのだ。

  • NTTドコモの「ahamo」に新たな選択肢
    NTTドコモの「ahamo」に新たな選択肢
  • NTTドコモの「ahamo」に新たな選択肢

10GB2000円未満で使えたら...

   現行のahamo(ドコモ)は月2970円20GBのプランを提供している。

   「povo 2.0」(KDDI)は、ユーザーが都度「トッピング」として通信データ容量を追加購入する方式をとっている。追加データにはそれぞれ利用可能期間が定まっており、30日間のプランなら3GB990円か、20GB2700円だ。

   LINEMO(ソフトバンク)では月3GBで990円の「ミニプラン」と、月20GBで2728円の「スマホプラン」を用意。ahamoでは100GBの「大盛り」が登場するが、3ブランドとも基本的に「3GBか、20GB」が選択肢となっている。

   ahamoの「大盛り」発表後、ネットユーザーから「10GBで1500円や2000円程度のプランを作ってくれ」「小盛りが欲しい」という要望が掲示板やツイッターで数十件出ている。

   MM総研調査が21年11月に実施したアンケート調査(22年1月27日発表)によると、スマートフォンユーザーの月間データ通信量は平均8.95GB・中央値は3GBだった。調査対象者数は2万4353人(有効回答数非公表)。

   キャリア・プラン問わず分析したもので、回答者は自身が契約しているプランのデータ容量に基づいて回答したと考えられる。そのため断言はできないが、使用量が平均8.95GBとなると「10GBプラン」に需要があってもおかしくはなさそうだ。

MVNOならどうか

   ドコモ・KDDI・ソフトバンクのメインブランドでも、データ通信使い放題、あるいは月3GBまでというものが目立ち、「10GBプラン」は見当たらない。

   ただ、「10GBプラン」提供業社が存在しないわけではない。MVNO(仮想移動体通信事業者)の「OCNモバイルONE」は月10GBで1760円、20GBで4312円のプランをそれぞれ用意。「mineo」も、音声通話対応プランでは月10GBで1958円、月20GBだと2178円のプランを用意している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!